暑い米子を脱出、残雪の大山へ

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月30日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

きょう(30日)の米子、最高気温が真夏日に近い29.8℃になったそうです。7月中旬の気温で暑かった💦
でっ午後、涼しいところへと車を走らせ大山(だいせん、標高1709m)山麓の大山寺へ。北壁を正面に仰ぎ見る豪円山に登って写真をパチリ。

沢筋には残雪が例年以上にあり、大山寺に上ってくる途中の上槙原(標高約450m地点)では桜の花が今が盛りと咲き誇っていました。

Share Button

来月13日、境港で山下よしき街頭演説

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月27日 : 岡村英治: カテゴリ: お知らせ ご案内, 英治の日記.

きょう(27日)午前中は、来年6月の米子市議選の予定候補・又野史朗さんとペアで、日本共産党副委員長の山下よしき参院議員を米子市のお隣・境港市に迎えて開く街頭演説会の案内活動。労組や団体などを訪問し、「副委員長が来て、暮らしから世界情勢まで分かりやすくお話しします」と参加を呼びかけ、懇談しました。
街頭演説会は来月(5月)13日(土)午前11時20分から、境港市民会館前広場です。衆院比例中国ブロックの大平よしのぶ衆院議員、垣内きょうみ予定候補も訴えます。

Share Button

危機感をあおる政府とマスコミ

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月25日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

「学校では、北朝鮮がミサイルで日本を攻撃する、って話で持ちきりだそうですよ」―とは、きょう(25日)対話した子育て真っ最中の母親の話。
母親が子に「心配せんでも鳥取県みたいな過疎地には飛んでくりゃあせんけえ」というと、「母さんは40年生きたけえもうええかも知れんが、ウチは12年しか生きとらん。まだ死にとうないは!」と真顔で答えたという。
そりゃあ、連日これでもかと言うぐらい政府やマスコミが危機感を植えつけ、武力行使も当然、といった論調を垂れ流せば、判断能力が身についてない子どもたちがパニックに陥るのも不思議ではありませんね。

Share Button

市議会議員控え室が移動しました

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月24日 : 岡村英治: カテゴリ: お知らせ ご案内.

米子市議会、私たち一人会派(計3人)の議員控室が移動しました。
これまで三人だった会派から市長選に立候補したため二人に減員し、控室の議員一人あたりの面積の関係で、部屋割りが変更になったためです。
任期が残すところ1年と2カ月となりましたが、窮屈だった部屋から広めの部屋へかわってちょっとゆとりが。また、窓がなかった部屋から窓付きに変わり、明るさがたっぷりです。
市役所にこられた際は、ぜひお立ち寄りください。

Share Button

広島で山岳仲間と久しぶりに交流

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月23日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

土曜(22日)、日曜(23日)と泊りがけで広島に出かけ、大学山岳部同期の仲間たちと久しぶりの交流を温めました。この飲み会は、昨年11月に仲間の一人が富士山で遭難したため、「同期が集まって偲ぶ会をしよう」と声がかかってのものです。 == 続きはこちらから »

Share Button

「自治会長に報酬」、他市ではやってません

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月21日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

先日(19日)の「自治会長事務取扱費」のつづき、です。
米子市では市内422ある自治会の会長に、上記名目で報酬が支払われている、と書き込みました。県内他市ではどうなっているのか―。
境港市では自治会へ900円×世帯数、倉吉市では活動支援金として自治会へ700円×世帯数、鳥取市では町区活動費として自治会へ均等額10,000円プラス400円×世帯数―といった具合に支払われています。決して会長個人の口座に報酬として振り込まれる、ということはありません。
ここはやはり、他市のように自治会へ支援金として支払うやり方に、米子市も切り替えるべきでしょう。自治会活動は、会長個人の業務ではないのですから…。

Share Button

自治会長に「報酬」を払ってる米子市‼

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月19日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

市外の方からの指摘があって調べてみました。

米子市は「自治会長事務取扱費」という名目で、市内422の自治会長に報酬を支払っています。
報酬額は年間、均等割額(26,400円)と世帯数割額(250円×世帯数)の合計金額が、年3回に分けて支払われています。300世帯の自治会だと、26,400円プラス250円×300=75,000円で年間101,400円の報酬が自治会長に支払われている格好です。
この報酬は、自治会の口座ではなく会長の個人口座に振り込まれています。
このような自治会長に報酬を支払う、というやり方を続ければ、「自治会は行政の下請け機関」と言われても仕方ありません。
必要な事務取扱費であるなら、個人口座に報酬として振り込むのでなく、自治会口座に支援費として支払われるべきです。6月議会で論議したいと思います。
みなさんの自治体では、こんな自治会長個人に報酬を支払うということ、やられてますか?

Share Button

県内の町議選で無投票が相次ぐ

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月19日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

4月に入って鳥取県内の町議選、無投票が相次いでます。
昨日(18日)告示された伯耆町議選(定数14)、湯梨浜町議選(同12)が無投票となり、日本共産党はともに1から2へと議席をのばしたことはお伝えしたところですが、1週間前の今月11日告示だった県東部の八頭町議選(同14)も無投票でした。
11日告示の大山町議選(同16)は3名オーバーの選挙戦となりましたが、今月に入って3つも無投票というのは異常です。
いずれの町も“平成の大合併”で町村合併した自治体で、旧町時代と比べて格段に多く得票しなければ当選に及ばない、というところから立候補をためらう傾向があるようです。
無投票になると今度は「議員定数削減だ!」ということになりかねず、そうなればいっそう選挙に出にくくなる―という悪循環に…。
住民の声を届ける議会の役割、民主主義の点からいっても、自治体合併は有害無益、です。

Share Button

米子市長選、ふくずみ候補当選ならず

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月16日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

きょう(16日)投開票のあった米子市長選、開票結果が出ました。市民が主人公・米子まちづくりの会から無所属で出馬したふくずみ英行さん(日本共産党推薦)、残念ながら当選に至りませんでした。
支援者から奮闘をねぎらう花束を受け取ったふくずみさん、これからも市民とともに産廃処分場計画撤回など、公約に掲げた政策実現に頑張る、と決意を述べました。

Share Button

米子市長選、政策訴えぬいたふくずみ候補

 TRACK TOP
投稿:' 17年4月15日 : 岡村英治: カテゴリ: 英治の日記.

きょう(15日)午後8時過ぎ、米子市長選のたたかいが終わりました。 日本共産党が推薦する無所属新人のふくずみ英行候補、選挙カーから降りてこの1週間、運転手を務めた小坂さん、車長の石橋さんとガッチリと握手。奮闘をたたえ合いました。 == 続きはこちらから »

Share Button