カテゴリ: 'お知らせ ご案内'

白書から見る科学技術力の低下

18年10月9日 火曜日

今、ノーベル賞受賞が続いているからといって、これから20年後、30年後に「人類に最大の貢献をした(アルフレッド・ノーベルの遺言から)」と評価される研究を、日本の研究者が続けられるかどうか危ぶまれる―。

8日付「しんぶん赤旗」が、今年6月に閣議決定した科学技術白書などの数字をもとに、科学技術力の低下を指摘しています。

政府の科学技術関係予算の比較でみると、2000年度と比較して日本の18年度予算は1.15倍でほぼ横ばい。これに対し中国は約13.5倍、韓国も約5.1倍と急増、米国、ドイツ、イギリスも約1.53〜1.81倍に増やしている、と。

その上で、「集中と選択」の名のもとに「役に立つものしか予算を付けない」現在のやり方を改め、長期的視野に立った研究を支援することや、研究者が安心して研究に取り組めるような雇用を含めた環境の整備が求められている―と呼びかけています。

「置き勉」で文科省が都道府県に連絡

18年10月4日 木曜日

今年の7月定例市議会で私は、児童生徒が登下校の際に重たいランドセルやカバンを持って通学していることについて、とりわけ低学年の子どもたちの体の発達に悪影響を及ぼす。家庭学習に必要のない教科書などは学校に置いて帰る、いわゆる「置き勉」についての検討をと教育委員会に求めました。

先週の赤旗日曜版10月1日号にこの問題が取り上げられており、文科省が9月6日付で各都道府県の教育委員会に「児童生徒の携行品に係る配慮について」という事務連絡を発していたことが紹介されてました。

さっそく米子市教委にこの連絡文書を問い合わせたところ、その全文を届けていただきました。

その文書で、「授業で用いる教科書やその他教材、学用品や体育用品等が過重になることで、身体の健やかな発達に影響が生じかねない」などの心配が保護者などから寄せられていることをあげ、各学校での携行品の重量についての軽減措置の具体例を列記して、参考にして必要に応じて適切な配慮を求めています。

子どもたちに重たいランドセルから解放してあげたいものです。

米子市議会9月定例会、各個質問一覧

18年9月4日 火曜日

米子市議会9月定例会が4日開会しました。6日(木)から12日(水)まで休会日をはさんで一般質問がおこなわれます。今議会では計21議員が質問に立ちますが、日本共産党市議団の3議員はいずれも質問初日の6日が出番となります。全議員の質問項目をご紹介します。議会傍聴にお出かけください。

党市議団の一般質問は6日(木)です

18年9月1日 土曜日

4日開会の米子市議会9月定例会は、6日(木)から4日間の日程で一般質問がおこなわれます。日本共産党米子市議団の3議員の質問順と質問項目についてお知らせします。ぜひ議会傍聴にお出かけください。

なお、3議員とも6日の登壇となります。開会は午前10時です。

【岡村英治議員(1番目)】

1、産廃処分場計画は白紙撤回を求める

①事業遂行には住民の理解と納得が欠かせない

②公平・公正な行政運営を求める

2、「災害」級の異常な暑さ対策を求める

①社会的弱者に対する「災害」対策

②教室へのエアコン設置を求める

3、教育行政のあり方を考える

①「夏休み中の部活動の休止」発言について

②「学テの成績を教員の評価に反映」発言について

 

【石橋佳枝議員(3番目)】

1、公共交通をもっと便利に

①路線バスの運行状況や料金の見直し

②バス路線の無い地域はコミバス、デマンドタクシーなどの試行を

2、防災対策の強化を

①危険な急傾斜地(土砂崩れ、土石流)の対策

②洪水対策

③除雪体制

3、市民を守る国民健康保険を

①徴収について

②払える国保料に

4、公の責任で保育の質と安全を守る

①小規模保育所について

②企業主導型保育所について

③市立保育園の民営化について

 

【又野史朗議員(5番目)】

1、産業廃棄物処分場建設計画の中止を求めて

①県条例の手続等の手引きに基づかない進め方

②関係自治会について

③環境管理事業センターへの旧淀江町の回答

2、健診から子育て支援につなげる

①学校での歯科、眼科健診から家庭環境を把握

3、地域福祉計画の充実に向けて

①地域福祉計画の取り組みと社会福祉協議会の役割

4、職場環境の改善

①職員のメンタルヘルス

②保育職場の改善

東京五輪のための「サマータイム」、ナンセンス

18年8月9日 木曜日

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を2年後にひかえ、真夏の暑さ対策の一つとして「サマータイム」制の導入が検討されてますよね。

でも、電波時計は設定変更が必要になってくる、って聞きました。時計一つひとつに対応しなければいけないでしょうか?

この制度の導入によって、さまざまな場面に影響が出るとも言われています。

そんな煩わしいことをするより、酷暑の中での大会を見直す方が先でしょう

来年の参院選、福住氏を選挙区候補に擁立

18年8月8日 水曜日

日本共産党は、来年7月の参議院選挙での鳥取・島根合区選挙区に、鳥取県委員会常任委員の福住英行氏(42歳、米子市車尾4丁目)を擁立する、ときのう(7日)発表しました。

同選挙区で名乗りを上げたのは、福住氏が初めてです。

福住氏は千葉大学工学部卒業後、「赤旗」記者、県西部地区委員長、2017年から現職。衆院選鳥取2区に党公認で3回、昨年の米子市長選に党推薦で立候補し、いずれも落選しています。

福住氏は「安倍政権の改憲に市民と野党の共闘でストップをかけ、命と暮らし、民主主義を守る」と決意を述べ、今朝(8日)もさっそく米子市公会堂前で通勤者らにハンドマイクで訴えました。

鳥取で木村草太氏の憲法講演会

18年7月26日 木曜日

遅めの夕食をとった後のFBタイム。日本共産党の小村勝洋鳥取県委員長の書き込みが目にとまりました。9月9日(日)に、鳥取市に気鋭の憲法学者・木村草太氏(首都大学東京教授)を迎えての講演会がある、と。

当日は午後2時から、鳥取県民会館(鳥取市尚徳町101‐5)梨花ホール。鳥取県弁護士会が開く憲法シンポジウム「憲法改正の要否と手続上の問題点」の基調講演として、木村氏が「憲法改正論議を考える」をテーマに講演します。

聴講は無料。問い合わせは同弁護士会(℡0857‐22‐3912)まで。

9月議会の真っ最中ですが、私も是非とも聴講したいものです。

米子市議会:20日、岡村議員質問

18年7月14日 土曜日

改選後初の米子市議会7月定例会は、17日(火)から質問戦が始まります。1から3議席に躍進を果たした日本共産党市議団の3人の議員は、3日目の20日(金)、1番・石橋よしえ、2番・又野史朗、3番・岡村えいじの順で連続して質問に立ちます。午前10時からです。ぜひ議会傍聴にお出かけください。今議会で質問する全21議員の質問項目をご紹介します。

岡村議員質問項目

1淀江に産廃処分場はいらない
(1)米子市水道局福井水源地への影響
(2)「小波上の泉」への影響
2ブロック塀の危険性を取り除く
(1)大阪北部地震でのブロック塀倒壊事故を受けての市としての対応
(2)通学路のブロック塀、民間撤去に補助を
3子育て支援の充実を
(1)学校給食費の無償化
(2)子どもの医療費窓口負担の完全無償化
(3)子どもの貧困実態調査
(4)学校トイレの洋式化の推進
(5)「置き勉」に対する認識

米子に「赤旗」新聞輸送できない、と

18年7月7日 土曜日

ただいま7日(土)午前4時半過ぎ。日本共産党鳥取県西部地区委員会からの電話で叩き起こされました。

きょうの「しんぶん赤旗」日刊紙、大雨のため新聞輸送ができなくなった、とのこと。明日、2日分まとめて届くそうです。

読者のみなさんにはご迷惑をおかけします。よろしくお願いします。

米子の朝、雨が降りつづいています。

伊藤鳥取市議が「砂の美術館」紹介

18年6月29日 金曜日

日本共産党中央委員会発行の月刊誌「議会と自治体」7月号の「聞いて 寄って うちのまち」のページに、鳥取市議の伊藤幾子さんが登場。同市にある「砂の美術館」について紹介しています。

鳥取といえば、日本最大級の鳥取砂丘で有名。砂の美術館は、砂を素材にした彫刻作品=砂像を展示する世界初の美術館です。

今は来年1月6日まで、「砂で世界旅行・北欧編」が開催中。北欧の大自然やアンデルセン童話などを表現した壮大な砂像が楽しめる―とアピールしています。