月間アーカイブ 08年5月

「あなたと学ぶ日本共産党」市田書記局長が日本共産党を紹介

08年5月31日 土曜日

市田書記局長が日本共産党を紹介。(2004年末ごろ作成か。)

4回シリーズです。

(さらに…)

頭の中は錯綜状態

08年5月30日 金曜日

 30日、月末を控えて「しんぶん赤旗」読者の拡大をしよう、1週間後に6月定例議会の開会を控えて議会準備をしなければ、そして明後日にある党米子市委員会の年1回の支部代表者会議を成功させなければ―という思いが錯綜して、何か一つのことに手がつかない一日を過ごした。 (さらに…)

財政だけで保育が考えられるか

08年5月30日 金曜日

 第4回米子市保育所在り方検討会が29日夕、市役所内で開けれ傍聴した。大半の時間が市の行財政改革問題に費やされ、この流れで民営化が議論されたらかなわんなぁ~、と感じた。 (さらに…)

米子でも「蟹工船」が注目

08年5月28日 水曜日

カウンターに展示してある「蟹工船」 28日午前、この春米子市錦町にオープンした今井書店に立ち寄ると、レジのカウンターに小林多喜二の「蟹工船」(新潮文庫、420円)が展示してあった。 (さらに…)

淀江に産廃処分場の建設計画

08年5月28日 水曜日

 28日付の日本海新聞1面に大きく「淀江に産廃処分場 民間業者が建設計画 県環境センター提携目指す」との記事が掲載されていた。議員には前日、ファクスで記者発表の概要が連絡されてきたが、まさに“寝耳に水”の格好。予定地の下手には西部広域の一般廃棄物最終処分場があり、そのような場所に設置していいのか、議論を巻き起こしていかねばならない。 (さらに…)

久しぶりに「えいちゃん」と

08年5月27日 火曜日

 友人の御父君が亡くなり、葬儀を失礼したため27日、自宅を弔問に訪れた。そしたら「えいちゃん」と何年かぶりに呼びかけられ、一瞬どぎまぎ。 (さらに…)

田んぼには緑の苗が

08年5月26日 月曜日

通り抜ける風にそよぐ 週明けの月曜日・26日、午前8時からは定例の街頭宣伝。後援会員のHさん、それに今週が遅番となっている私の長男を引っ張り出していつもの交差点で「後期高齢者医療は廃止に」と訴えた。 (さらに…)

雨はやんだのですが…

08年5月25日 日曜日

 日曜日の25日、朝方には雨はやんだのですが、予定されていた公民館主催の校区民グラウンドゴルフ大会は中止。出場する予定で“意気込んでいた”私としては肩透かしを食った格好。午前中は散髪に行くなどして、午後からはたまりにたまった新聞の切り抜き・整理をして一日を過ごした。 そして夕方には、太極拳の行事から帰った妻とともに市民農園に出かけてきました。

弾む対話

08年5月24日 土曜日

 日本共産党が取り組んでいる後期高齢者医療廃止の署名・アンケート用紙を郵便で返送していただいたお宅を訪問しようと24日夕、岩永なおゆき県書記長(比例中国候補)とともに雨の中を出かけた。伺うと、「まあ上がって話を―」となって、紅茶をいただきながらの長談議となりました。 (さらに…)

後期高齢者医療問題でシンポ

08年5月22日 木曜日

 日本共産党西部地区委員会(鷲見節夫委員長)などは来月8日(日)、後期高齢者医療制度シンポジウムを米子市で開催する。医療関係者やお年寄りはもちろん、大勢の住民のみなさんの参加を呼びかけている。 (さらに…)