月間アーカイブ 10年5月

やはりね! 公明議員の欠席

10年5月20日 木曜日

前日に続いてわが家に咲くゼラニウム 想定内といってしまえばそうなんだけども、20日午後開かれた市議会全員協議会に公明議員4人のうち笠谷、安木、安田の3議員が欠席。「いくら拘束力のない全協だからといって、重要案件の説明がある会議に欠席するなんて、政策なんてどうでもいいんだろか?」とは心ある議員のつぶやき…。 (さらに…)

全国青年大集会に5200人

10年5月20日 木曜日


2010年5月16日 志位委員長があいさつ
「1、2、3、発射!」。全国から集まった青年5200人が青空に風船を飛ばし、「若者同士のつながりをつくり、みんなの力で職場も社会もかえていこう」とアピールしました。16日、東京・明治公園で開かれた「全国青年大集会2010」(同実行委員会主催)。
2010年5月17日(月)「しんぶん赤旗」>> つながる 社会変える 全国青年大集会に5200人 東京・明治公園

早めに切り上げて…

10年5月19日 水曜日

わが家の玄関先に咲くスイカズラ 19日は、中国地方各県を駆け巡った共産党の女性キャラバンカーが鳥取入り。私も頼もしい女性に囲まれながら、米子市内4ヵ所で街頭から訴えました。それにしても、大型宣伝カーで、しかも車の上から訴えるなんて、本当に気持ちのいいものですね。どこまでも私の声が届くようで…。 (さらに…)

建設業協会と懇談

10年5月18日 火曜日

私(左から2人目)は名刺に目を落としてます 18日、岩永なおゆき参院選選挙区候補、錦織陽子県議とともに建設業協会西部支部の野津一成支部長以下、副支部長の方々を含めた役員4名と懇談。地方における建設業者の役割の大事さについて意気投合した。 (さらに…)

公会堂の存続を求めて

10年5月17日 月曜日

 耐震強度不足からこのままの形状で存続させるためには13億円もの耐震補強、設備改修費用がかかるとの試算が出され、市民の関心をあつめている米子市公会堂の存続を求めて活動する「公会堂の充実を求める会」(小谷幸久会長)の総会が17日夜開かれた。総会では①公会堂規模(1200名前後)のホールは必要不可欠②村野藤吾さん建築の今の公会堂を耐震補強、改修を求める―との、会としての2010年度活動にあたっての基本的考え方を確認した。 (さらに…)

党と後援会の決起集会

10年5月16日 日曜日

ガンバローで集会の締め 日曜日の16日午前、党と後援会の決起集会が米子市文化ホールで開かれ、党中央委員会選対局の田熊和貴さんの選挙勝利にむけての講演に耳を傾け、情勢を確信にして支部が臨戦態勢をとり、後援会員に依拠した取り組みの重要性を確認しあった。 (さらに…)

あだやおろそかに出来ない!

10年5月15日 土曜日

12日の公会堂前での早朝宣伝 15日、早朝は妻と二人で地域のビラ配り。8時半に事務所に“出勤”して、その周辺のビラ配りが残っていたため、やはり妻とビラ配り。その後、事務所責任者のM氏と街頭宣伝に。心地よい風を受けながら、弓浜部の農村地帯8ヵ所で党の政策を訴えてきました。 (さらに…)

市田書記局長が米子に来ます!

10年5月14日 金曜日

市田忠義書記局長 日本共産党の市田忠義書記局長を米子に迎えて、「国会報告会」を開きます。6月5日(土)午後5時から、米子市湊山体育館が会場です。多数のご来場をお待ちしています。 (さらに…)

次期の指定管理者の選定方針は

10年5月13日 木曜日

 13日午前、市議会総務企画委員会が開かれ、2011年度から更新される公(市)の施設の指定管理者をどう選定するのか、市としての方針が示された。 (さらに…)

基地問題は共産党

10年5月11日 火曜日

 11日、早朝宣伝のときはまだ傘をさすほどではなかったものの、細かい雨がシトシトと。午前中の訪問活動は車で移動しながらのものでしたが、かえって濡れてしまい同行のNさんに申し訳ないことに。午後は市役所に赴いて、昨日生活相談を受けた件で住宅課と福祉課の担当者に聞き取り。夕方には雨もやんで、再び訪問活動を―。 (さらに…)