月間アーカイブ 11年3月

山下よしき参院議員、あす米子に

11年3月31日 木曜日

 県議選が告示される4月1日(金)、山下よしき参院議員が米子に駆けつけ、街頭から訴えます。午後2時30分~、米子市公会堂前。午後3時30分~、イオン米子駅前店前。 (さらに…)

テキサス娘?が応援に

11年3月31日 木曜日

若い娘さんも加わり元気よく― 県議選告示日の前日となった31日、錦織陽子県議と日本共産党後援会に人たちとともに、定例の早朝宣伝を公会堂前でおこないました。この日は、米国・テキサス州で結婚している錦織さんの娘さんも応援のため帰郷しており、若やいだ宣伝行動となりました。 (さらに…)

いよいよ明日から県議選

11年3月31日 木曜日

 おはようございます。ただいま31日午前6時すぎ。今月もあっという間に過ぎました。そして明日からは県議選がスタートします。昨日(30日)は、選挙準備、読者拡大、そして28日に閉会した3月定例会の議会報告の編集打ち合わせなど慌しい一日でした。 (さらに…)

島根原発の安全対策申し入れ

11年3月29日 火曜日

29日、米子市議会の渡辺照夫議長が中国電力米子営業所を訪れ、「福島第一原子力発電所で発生した事故等に伴う島根原子力発電所の安全対策等について」申し入れをしました。 (さらに…)

二つの意見書を可決

11年3月28日 月曜日

3月定例市議会最終日の28日、国保料の10%値上げの条例案が共産党の3議員を除く多数で通ってしまった。しかし、今後も「考える会」の人たちと力をあわせ、一般会計からの繰り入れや国庫負担の増額で「払える国保料」への引き下げ求めて粘り強く取り組んでいかねば―、そう決意した次第です。 (さらに…)

揚げ足取り、足を引っ張る自民党

11年3月27日 日曜日

 「国をあげて被災地の復興に取り組まねばならないとき、自民党は政府・民主党の揚げ足取りばかり。本当に国民のことを思っているとは思えない」-。テレビでも言ってましたし、読者集金の中でも聞かれたご意見です。 (さらに…)

県議会報告集の送付

11年3月27日 日曜日

「錦織陽子 県議会報告集」 錦織陽子県議は県議初当選後のこの4年間、毎議会、一般質問に立ちその他質疑・討論で住民の立場にたった県政実現にがんばってきました。その議会の様子をレポートした「錦織陽子 県議会報告集」がまとめ上げられ、関係者に配布され好評を博しています。 (さらに…)

原発安全対策求めた陳情に…

11年3月26日 土曜日

 26日夕、冷たい風を切って自転車に乗って地元・住吉地区の赤旗読者集金に回りました。あと5軒で終わりというころ急に冷たい雨、それもみぞれに変わって全身ずぶ濡れに。それでも今日も読者からたくさんの熱い思いをいただきました。 (さらに…)

議会も大詰め、会派間の調整も

11年3月25日 金曜日

 25日、午前は市議会議員定数・議会改革問題特別委員会。定数問題、議会改革に向けた個別案件の洗い出し作業をおこなった。委員会を前後して、原発問題についての意見書の取りまとめ、国保料値上げに関わる附帯決議提出について、他会派の議員と断続的に擦りあわせをおこなった。 (さらに…)

読者からも救援募金が続々と

11年3月24日 木曜日

寄せられた救援募金や選挙必勝募金 24日夜は、地区委員会が直接集金を担当している地域の読者を回って新聞代の集金。東日本大震災の被災者救援募金を訴えながら、県議選での支援もお願いしました。 (さらに…)