月間アーカイブ 11年5月

報告会を開きたいものです

11年5月21日 土曜日

わが家に咲いた一輪のバラ 21日午前、共産党の被災地ボランティアとして岩手に出かけていた住吉支部のKさんが、お貸ししていた断熱シートを持って「昨晩遅く帰ってきました」とわが家を来訪。しばしの間、お土産話に花を咲かせました。 (さらに…)

図書館・美術館の整備基本設計(案)

11年5月19日 木曜日

整備される図書館(右)と美術館 17日開かれた市議会経済教育委員会で耐震補強・増築計画がすすめられている市立図書館・美術館の整備基本設計(案)が示された。今後パブリックコメントなどを経て、改築工事は現在の予定では来年(2012年)5月頃からとりかかり、翌13年夏の供用開始をめざす。 (さらに…)

「岩手でがんばってます」の報にシャキッ

11年5月18日 水曜日

 18日は午前は党住民運動部会で原発問題などでの取り組み、午後は議員団会議で6月議会、その続きで地区常任・市議団合同での人権連の取り組みについてそれぞれ話し合い。いずれも党地区委員会事務所で、メンバーは入れ替わってもわたしにとっては3連荘の会議。さすがに頭が重くなりましたが、日曜日に被災地・岩手に向け出発した救援ボランティア隊の現地報告が届き、シャキッとしました。 (さらに…)

鳥取県西部からも救援ボランティア

11年5月15日 日曜日

残雪がすっかり減ってました 好天に恵まれた日曜日の15日、東日本大震災の被災地に向け鳥取県西部からも共産党の救援ボランティアが出発。1週間の活動に汗を流しながらがんばってくる、ということです。 (さらに…)

議員定数を8つも減らそうとするなんて…

11年5月13日 金曜日

 13日付の日本海新聞24面をご覧になりましたか。昨日(12日)開かれた米子市議会議員定数・議会改革等特別委員会で、議員定数(現行30)を最大8減らす案から現状維持まで、各会派の削減幅が示されたことを報道していました。 (さらに…)

「死人に口なし」の不当判決

11年5月12日 木曜日

 12日付の新聞を見て驚いた。まさかまさかの「2自衛官に無罪判決」が出たイージス艦衝突事故。これでは衝突、沈没させられ命を奪われた漁船の乗組員親子は浮かばれない! (さらに…)

「給食の放射能汚染が心配です」

11年5月11日 水曜日

 先日、小学生の子どもを持つ親御さんから、「学校給食に福島原発事故の放射能で汚染された食材が使われてないか心配だ」という趣旨のメールが寄せられました。きょう(11日)、市教育委員会関係者に状況を伺うことができました。 (さらに…)

大震災から2ヵ月がたちました

11年5月11日 水曜日

街頭での被災者救援募金活動 東日本大震災発生から2ヵ月がたった11日、3人の共産党市議団と党支部のメンバーで被災者救援の街頭募金活動に取り組みました。 (さらに…)

まさに生きた古典講座

11年5月10日 火曜日

 10日夜は「綱領・古典の連続教室」の第4回古典教室。講師の不破さん、前回(2月)までの「賃金、価格及び利潤」から今回はマルクスの「『経済学批判』への序言」を取り上げることに。ところが、休講中の3月に発生した福島第一原発事故を「賃金…」の学習内容に照らして考えるとどうなるかというところから、つまり受講者の関心にあわせた話から講義は始まった。 (さらに…)

ゴールデンウイークは終わった

11年5月8日 日曜日

 先月29日からきょう(8日)まで10日間のゴールデンウイークが終わりました。みなさん、この間どのように過ごされましたか? わたしは家族とゆったりとした時間をともにし、子どもたちがしっかりとした家庭を築いてくれることに思いをはせました。 (さらに…)