月間アーカイブ 11年7月

家のローンが20年も ボランティア3

11年7月20日 水曜日

座り込んでじっくりと聞き取り ボランティア活動2日目の14日、重茂(おもえ)半島にある残り1カ所の仮設住宅に午前、午後にはJR山田線沿線にある津軽石地区で被災された方々が入居している仮設を訪問。要望などを聞き取り調査しました。聞き取りしながら気のついたことですが、宮古市ではコミュニティがバラバラにならないようにと、だいたいが同じ集落ごとの入居となっています。そうした配慮は大切ですね。 (さらに…)

C-2配備で住民説明会

11年7月20日 水曜日

防衛省が航空自衛隊美保基地に新型輸送機C-2を配備しようとしている問題で19日夜、彦名公民館で住民説明会が開かれ参加してきました。中期防(2011年ー15年)でC-2を10機配備しようとする計画がありますが、周辺住民の不安や懸念よりも計画を強引に推し進めようとする姿勢があらわになりました。 (さらに…)

国民平和大行進

11年7月19日 火曜日

通し行進の櫻井正男さんを先頭にした行進団 今年も平和の夏がやってきました。19日は核兵器廃絶を願って広島、長崎に向けて国内各地で取り組まれている国民平和大行進のうち、6月9日に富山を出発した日本海コースのJR米子駅から境港までの間でおこなわれ、参加してきました。 (さらに…)

夏物衣類がほしい! ボランティア2

11年7月18日 月曜日

さあ入居者の聞き取りへ 13日はいよいよ活動。仮設住宅に入居している方の要望を聞き、行政などに届けるアンケート活動です。宮古市は被災者の要望調査から、2010戸の仮設住宅の建設を計画し、今月中旬にはすべてが完成する予定だと、宮古地区委員長の田中尚市議が話してくれました。かなりの方がすでに入居されており、「最低限文化的な生活」が保障されているのか、アンケートの中心点です。 (さらに…)

この目で見た災害現場 ボランティア1

11年7月18日 月曜日

荒野と化した市街地の国道を歩くご婦人 11日、みなさんから寄せられたお米や衣類、食器など支援物資を車に積み込みお昼前に米子を出発し、高速を乗り継いで翌12日早朝に岩手県宮古に到着。その日は現地の地区委員会で翌日からの活動について打ち合わせをし、余った時間を使って市内などの被災地現場を見てまわりました。

(さらに…)

馬鹿にした話 C-2について

11年7月17日 日曜日

 岩手から帰ってメールなどチェックしていると、米子市企画部から「航空自衛隊美保基地における次期輸送機C-2への機種変更等に係る岐阜基地視察について」というお知らせが入っていた。今月19日に基地周辺住民や議会関係者が騒音問題などで視察を予定していた件で、C-2が飛ばなくなったというのだ。 (さらに…)

岩手から帰ってきました

11年7月17日 日曜日

田中地区委員長の見送りを受けて帰路へ 16日午後、岩手県宮古市での活動を終えて米子から参加した共産党のボランティア隊のわたしを含め3人が無事帰着しました。前日午前中まで仮設住宅入居者を対象にした要求聞き取り調査の活動。地区委員会で昼食炊き出しのカレーライスをご馳走になり、宮古市の被災者救援の先頭にたってがんばっている田中尚地区委員長(同市議)らの見送りを受けて帰路につきました。 (さらに…)

原発撤退し、政策の転換を

11年7月17日 日曜日

吉井議員の質問 (11.7.14)

明るい米子 2011年7月

11年7月11日 月曜日

6月議会報告ができました。原発問題、C-2配備問題など特集しています。
ご覧ください

>> 明るい米子 2011年7月 PDF1.14MB

「行ってきま~す」

11年7月11日 月曜日

久しぶりの早朝街頭宣伝 と言っているようですが、今朝(11日)午前8時から久しぶりにした月曜日定例の早朝宣伝の様子を妻に撮影してもらったものです。錦織陽子県議もご一緒してもらいました。10時には西部地区委員会事務所を出発して岩手県宮古に向かいます。救援ボランティアでどんな活動になるか、少しでも被災者のお役に立てればいいですね。16日(土曜日)に帰ってきます。