月間アーカイブ 11年12月

大寒の日には…

11年12月22日 木曜日

大寒の日にはカボチャ 22日は大寒。12月定例議会を終え、夕方からは読者集金。明日から荒天になるとの天気予報もあって、できるだけ回ろうと車を走らせました。そして、夜になってぐっと冷え込みが厳しくなりました。大寒のきょう、わが家では例によってカボチャ、そしてユズ湯です。 (さらに…)

暴力団排除条例の制定

11年12月21日 水曜日

 米子市議会12月定例会はあす22日、最終日を迎えます。この議会では、島根原発をめぐる中国電力と鳥取県・米子市・境港市との「安全協定」締結のことが大きな焦点となりましたが、それとは別に「暴力団排除条例」案が提出され、可決される見込みです。 (さらに…)

維新の会「教育基本条例案」批判

11年12月20日 火曜日

活用するぞ!DVDプレーヤー 20日は午前中、市議会予算審査特別委員会あっという間におわり、その後に市議団の議会報告の編集打ち合わせ。帰りに家電販売店に立ち寄り、ポータブルDVDプレーヤーを購入。第4回中央委員会総会の幹部会報告など、党の支部などで気軽にDVDを視聴できるようにと買い求めたものです。廉価モノのため画面は小さいですが、何とかなるか―。 (さらに…)

金正日総書記が死去

11年12月19日 月曜日

 19日飛び込んできたビッグニュース。北朝鮮の最高指導者・金正日(キム・ジョンイル)総書記が17日に、「現地指導に向かう列車内で死亡した」との、国営テレビ・ラジオの特別放送の話でもちっきりです。これで、橋下大阪市長の初登庁の話題もかすみがち―。 (さらに…)

安斎育郎氏の「核兵器と原発」講演会

11年12月18日 日曜日

講演する安斎育郎氏 18日、米子九条の会6周年記念講演会が米子市内で開かれ、安斎育郎立命館大学名誉教授が「核兵器と原発―成長期の子どもの被曝を阻止したい」と題し、熱弁を振るいました。 (さらに…)

買ってみました「とり漫」

11年12月17日 土曜日

「とり漫」の表紙 昨日(16日)に書き込もうとして、ほかのホットな話題があったもので1日遅れでこれから書き込みます。鳥取県をテーマにしたマンガ本「とり漫」(日本文芸社、735円)のことです。 (さらに…)

さっそくハシズム、就任前に本領発揮!?

11年12月16日 金曜日

 16日夜、他のことをブログに書き込みしようとしていたら、ネットニュースで例の橋下新市長が批判的職員に反省文を書かせ、「忠誠」を誓わせた、と。あれれぇ、橋下さんって、市長に就任するのは今月19日だって聞いてたけど、それを前にしてそんな権力を振るうことができるなんて、さすが「ハシズム」の本領発揮!とでもいうのでしょうか。 (さらに…)

今度の日曜日、原発ノーの講演会

11年12月15日 木曜日

安斎育郎講演会チラシ 今度の日曜日の18日、立命館大学名誉教授(放射線防護学)の安斎育郎さんを迎えて「核兵器と原発 成長期の子どもの被曝を阻止したい」と題した講演会が開かれます。午後1時30分~4時30分、米子コンベンションセンター国際会議場で。入場無料。米子九条の会が主催します。 (さらに…)

当面、現行の30を維持する:共産党市議団

11年12月14日 水曜日

議員定数について、共産党市議団の考え方をまとめた提出資料を参考までにご紹介します。

>> 議員定数についての考え 日本共産党市議団 PDF113KB

議員定数で「市民意見交換会」

11年12月14日 水曜日

 14日、米子市議会議員定数・議会改革調査特別委員会が開かれ、来年2月に5回にわたって議員定数問題についての市民意見交換会を開催することになりました。市民のみなさんの参加をお待ちしています。 (さらに…)