月間アーカイブ 13年3月

「大和ゴミ物語」の奥谷さんの環境講演会

13年3月17日 日曜日

17日午後、「大和ゴミ物語」の著者で環境問題に長年取り組んでいる奥谷和夫さん(奈良県山添村議)を招いて「産廃処分場問題を考える集い」(同考える会準備会主催)が、産廃処分場建設問題で揺れる米子市淀江町でひらかれました。 (さらに…)

好天に恵まれた彼岸の入り

13年3月17日 日曜日

暑さ寒さも彼岸まで-といいますが、彼岸の入りのきょう20日はすっかり春めいた陽気となりました。今朝は新聞配達もなく、わりと遅めの目覚めとなりました。ゆったりと朝食をとったあと、自治会の班長としての用務をしたあと、「時間があるので午前中に墓掃除にいってこようか」となり、亡父母が眠る市内の南公園墓地へ出かけました。 (さらに…)

市長選、市議補選を見据えた動き

13年3月16日 土曜日

土曜日の16日、あさから各レベルでの党の会議を断続的に開き、4月にある米子市長・市議補選に向けた実務作業や候補者擁立に向けた懸命の取り組みが行われました。アメリカ言いなり、大企業の利益優先といった国の悪政に忠実な市政でいいのか、そこが問われる今回の選挙。そして夏の参院選への展望を開く選挙でもあります。でも、「何とかしたい」というみなさんの思いが後押しして、“大きな山”は何とか乗り越えられたという感触を得た、そんな一日でした。

自民党の党大会って何なんでしょう

13年3月16日 土曜日

16日夕、党の打ち合わせなどを終えて帰宅し、まずネット。朝日新聞デジタル版で「石破カレー盛況、高市・野田両氏は焼きそば 屋台村開催」の記事。明日の党大会を控えて、石破氏の言によれば「党大会は会議ばかりではいけない。全国から来る人に楽しんでもらわないと」ということらしいです。 (さらに…)

許せない! 安倍首相のTPP交渉参加表明

13年3月15日 金曜日

15日夕、いったん帰宅してパソコンに向かいネットを見ると、安倍首相がTPP交渉参加を表明したと報じられています。15日に決断するとの事前報道があったので、安倍首相としては“筋書通り”にコトを運んでいるつもりなんでしょうが、そうは問屋が卸しません。参院選で厳しい審判を下そうではありませんか。米子市議団Twitterで報道内容をご覧ください。また、当日志位和夫委員長は抗議と撤回を求める談話を発表しましたので、あわせてご紹介しています。。

いつまで続ける、同和特別対策

13年3月14日 木曜日

14日、市議会総務企画委員会が開かれ、議案、陳情、そして予算審査に臨みました。予算審査では何点か指摘しましたが、なかでも国が10年前に終結させた同和対策事業を、いまもって続けている米子市長の姿勢は許せないと感じました。 (さらに…)

地方公務員の賃下げ問題で市長は…

13年3月13日 水曜日

13日、市議会の予算審査特別委員会で総括質疑が行われ、私は4項目質問。その中で、政府が地方交付税を削って押しつけを図っている地方公務員の賃下げ問題について、市長はどう答えたかー。 (さらに…)

生かされてない「福祉基金」

13年3月12日 火曜日

12日、あすの予算審査特別委員会での総括質疑を控えて、聞き取りや調査、資料整理などこなしました。明日取り上げる事柄のひとつに眠ったままになっている「福祉基金」の活用があります。 (さらに…)

別れ、旅立ち、そして新たな出会いへ

13年3月12日 火曜日

12日朝が冷え込んだ分、快晴に恵まれました。今日は市内の中学校卒業式で、私は地元の後藤ヶ丘中学校に出かけ卒業生221名の旅立ちを見送りました。来週には小学校でも卒業式が行われるなど、3月は別れの月。でも、みんな新たな出会いを求めて旅立つのでしょう。義務教育を終えたみなさん、これからもさまざまな荒波が待ち受けていることでしょう。人と人との絆を信じ、明るい未来が開けることを信じて一緒に頑張りましょう。

3・11は鎮魂の日

13年3月11日 月曜日

11日、なんとか明後日の市議会予算委員会での総括質疑の質問内容について、まとめることができました。のちに新聞切り抜きなどしながら今日一日を振り返ってみると、やはり2年前の東日本大震災、そして福島第一原発での過酷事故。新聞紙面でも1面や社会面はもちろん、中面でも数ページを使って特集記事を掲載していました。そして、夕方街中を車を走らせていると、日の丸が掲げてあるではありませんか。よく見ると“半旗”となっていました。そのお宅の“鎮魂”の気持ちがストレートに伝わってきました(そのお宅は、ふだんの祝日には決して「日の丸」など掲げるお宅ではないからです)。被災地の早期復興、原発事故の収束を願わずにはいられません。