月間アーカイブ 13年8月

党91周年記念講演、力をもらえます

13年8月31日 土曜日

土曜日の31日、午前は職場の党支部、午後は地域の居住支部の支部会議に出席。今月10日に東京で開かれた共産党創立91周年記念講演会のDVDを視聴し、感想を出し合いました。「ずっと頑張ってきたみんなの努力があったからこそ、共産党の躍進に実った」「もう共産党しかない、と思われるようになってきた」「参院選で初めて学会員の職場の同僚に声をかけたら、『〇〇さんが言われるんでしたらいいですよ』と、共産党への支持を約束してくれた」―。 (さらに…)

米子市議会9月定例会:5日から27日まで

13年8月29日 木曜日

29日、米子市議会議会運営委員会が開かれ9月定例議会の日程が決まりました。5日開会、27日閉会の23日間の日程です。一般質問は9日 (月)から12日(木)です。質問通告は明日から始まり、共産党市議団の各議員の質問日程は決まり次第お知らせします。

体調管理、失格です

13年8月29日 木曜日

29日、体調不良で一日自宅でごろごろしてました。関係先にご迷惑をおかけしましたこと、ほんとに申し訳ありません。服薬して所在なく日中を過ごし、夕方になってメールをチェックしなくてはと、それでもPCに向かうことが出来るようになりました。来週からは9月定例議会。質問準備もこれからですが、早く体調を万全にして市民のみなさんの負託にこたえられるよう頑張りたいと思います。とりあえず、きょうは早く床に就きます。

「画竜点睛を欠く」で一致しました

13年8月27日 火曜日

3日ほど前から妻が暇をあかして“空白を埋めてきた”ジグソーパズルの作品が完成! と思いきや、1ピースだけ、それも中央部の肝心なところがありません。メーカーに問い合わせの電話をしても、すでに「現在使われていません」の応答のみ。で、夫婦して一致した意見は「画竜点睛を欠く」作品だね、ということ。 (さらに…)

「アマクリナム」と言うんだそうです

13年8月26日 月曜日

月曜日の26日は週初めの朝宣伝から始まりました。先週末の降雨でずいぶんと涼しくなり、ハンドマイクで訴えながら背中に汗が流れ落ちる、というようなことはなくなりました。午前中は9月議会で決算委員会が設置されるのに先立ち、共産党市議団から委員になる予定の私が、審査のための資料要求をまとめ当局に提出する段取り。午後は市議団の打ち合わせをした後、市役所や地域での「赤旗」読者集金に回りました。自宅にはハマリリスとハマユウの掛け合わせ、「アマクリナム」の花が色っぽいピンクの花を咲かせていました。

ゆっくり過ごした日曜日

13年8月25日 日曜日

25日、午前中は2日間の議員研修についてレポートをまとめたり、たまったメールをチェックしたり。そうこうしているうちに、「きょうは母の命日だった!」と思い出し、慌てて花屋さんに出かけ墓前に花を供えてきました。そのほか、他市の議員さんからの依頼事項をこなしたり、先日リニューアルされた市立図書館に出かけて新しい図書貸し出しカードを作ってもらったり、タブレット端末機器について資料を集めたり…、それでもゆったりとした時間を過ごしました。 (さらに…)

名古屋での議員研修会から帰ってきました

13年8月24日 土曜日

23、24日に名古屋市で開かれた生活保護問題についての議員研修会を終えて、午後10時前に帰宅しました。研修会を終えて会場を後にするときも、他の参加者から「鳥取では豪雨で大変ですね」と声がかかりました。今朝のニュースで報じていたことが頭にありましたので、「いや、島根で被害が出てるようですよ」と返しましたが、実際は気が気でありませんでした。 (さらに…)

名古屋での議員研修会に来ています

13年8月23日 金曜日

23、24の両日にわたって名古屋市で開かれている生活保護問題議員研修会(生活保護問題対策全国会議など主催)に来ています。「岐路に立つ生活保護 どう変わるか、どう変えるか。」をテーマに開かれ、全国各地の地方議員など約200人が参加しています。きょう(23日)は3人の講演と生活保護利用当事者の発言などがありました。明日は分科会。私は「貧困の連鎖を断つ学習支援の実践」分科会に参加します。

午後からの豪雨で昨日までの暑さは…

13年8月22日 木曜日

明日(23日)は24節気の「処暑」。というわけでもないでしょうが、きょう(22日)午後3時過ぎに鳥取県米子市ではいっとき激しい雨。夕方にはやみましたが、おかげで昨日までのうだるような暑さがいくぶん和らぎました。夕焼けがきれいでしたので、わが家の2階からパチリ。

米子市公会堂存続運動の経験を知りたいと徳島市から来訪

13年8月22日 木曜日

約15億円かけて大規模改修耐震化工事がすすめられている米子市公会堂の存続に向けた市民運動の経験を知り、これからの取り組みに生かそうと22日、徳島市の文化センターの耐震化リニューアルを求めている市民団体の代表が来訪。公会堂の存続運動を進めてきた公会堂市民会議(小谷幸久代表)のメンバーと意見交換しました。 (さらに…)