月間アーカイブ 13年8月

「はだしのゲン」閲覧制限、文科相が容認発言!

13年8月22日 木曜日

22日付の山陰中央新報25面(社会面)、しんぶん赤旗4面政治・総合面に、松江市教委が市内の小中学校図書館にたいし、被爆の実相を描いた漫画「はだしのゲン」を閉架図書にして児童・生徒が自由に読むことが出来ないようにしている問題で、下村文科相や菅官房長官が「子どもの発達段階に応じた教育的配慮の必要性」などから、閲覧制限を容認する発言をしていることが報道されています。この閲覧制限が、安倍政権の一連の右翼的潮流のもとでおこなわれたものであることを如実に表すものです。 (さらに…)

ちょっと夏バテ気味、かな?

13年8月21日 水曜日

21日も日中はうだるような暑い一日でしたが、夕方になって吹いてきた風は、これまでの“熱風”と違いホッと一息つける心地でした。でも、今日もエアコンの効いた市役所庁舎内や事務所を出たり入ったり。温度の変化に体が少々参ってしまいました。で、今日は早めに床に就くことにします。お先におやすみなさい!

「はだしのゲン」閉架問題、教育委員会会議で議論せず

13年8月19日 月曜日

松江市内の小中学校図書館の「はだしのゲン」の図書が、開架式書棚から閉架式に移され、自由に閲覧したり、貸し出しが制限されるなどの問題で、19日付の地元紙・山陰中央新報は27面「山陰総合」面に、「はだしのゲン閉架 委員会会議に報告せず要請 松江市教委、妥当性議論へ」の記事が載っていました。 (さらに…)

戦争のために絵筆を折ることがないように…

13年8月18日 日曜日

日曜日の18日、車を走らせて1時間、日野郡日南町美術館で開かれている絵画展「戦争の記憶―戦没画学生の遺作から小早川秋聲の戦争画まで」を鑑賞してきました。 (さらに…)

暑い一日でしたが、ネットの仲間に励まされ…

13年8月16日 金曜日

お盆が終わった16日、私が新聞配達した後、“朝飯前”に今日予定している市議団の打ち合わせのための資料づくりをしている間に、妻と長男が墓に出かけて行って供えていた花などを片付け、父と母の霊を見送ってくれました。で、午前中は市議団会議で、9月議会から始まる決算審査について打ち合わせ。午後は、党の会議で懸案事項について論議しました。 (さらに…)

終戦記念日で街頭宣伝

13年8月15日 木曜日

68回目の終戦記念日の15日。午前中に錦織陽子県議と石橋佳枝、松本松子、岡村英治の3市議で西部地区委員会の宣伝カーに乗り込み、米子市内を「戦争を再び引き起こさない」「平和憲法守りぬく」と流してまわり、JR米子駅前と公会堂前の2か所で訴えました。 (さらに…)

17日、米子市職員採用説明会

13年8月15日 木曜日

米子市は来週採用予定の『職員採用説明会』を開催します。今月17日(土)午後1時―4時の日程で、会場はJR米子駅前にあるコンベンションセ ンター国際会議場です。詳しくは添付資料をご覧ください。

義兄の初盆で鳥取県八頭町へ

13年8月14日 水曜日

14日、今年2月に亡くなった妻の兄の初盆となるため、今日も家族3人でそろって出かけました。朝早めに新聞配達、朝食をさっさと済ませ自宅を出発。恐れていた車の渋滞もなく、2時間半ほどで鳥取県東部にある八頭町船岡に。お昼前に和尚さんにおがんでもらい、そのあとはみんなで会食。故人をしのびながら、四方山話に花を咲かせましたが、ここでも「共産党伸びましたね」と。夕方には米子に帰り、墓の灯篭に灯をともしてきました。でも、暑いなか車での移動って、けっこう体力を消耗するもんですね。帰ったらグッタリ…。

来た、来た、来た…筋肉痛が

13年8月13日 火曜日

13日、予期していたこととはいえ脚部、とりわけ太ももの筋肉痛で階段の特に降りる際に難儀することから一日が始まりました。昨日(12日)に大山(標高1709m)に登り、下りはかなりバテバテでしたから淀江のゆめ温泉でしっかりと湯に浸かってケアしたつもりでしたが、衰えは隠せません。年を取ると疲れは遅れてやってくる、といいますから明日の方がもっと…。 (さらに…)

お盆お休みで「少年H」を観ました

13年8月13日 火曜日

13日、朝食をすませた後、両親がねむる南公園墓地に出かけて、墓前に花、お供え物をしました。そして、日吉津の映画館に妻と行き、10日に封切られた「少年H」を観てきました。アジア太平洋戦争を前後する時期に少年期を過ごした妹尾河童さんの自伝的小説を原作にし、少年の目から見た日本が犯した戦争の理不尽さを描いた作品に、ウルウルしながら見入りました。 (さらに…)