月間アーカイブ 13年12月

公民館非常勤職員からの通報

13年12月15日 日曜日

11月に米子市の公民館に勤務されている非常勤職員の方から匿名でメール通報がありました。勤務条件通知書の記載に不備がある、時間外勤務手当が支給されていない―などの内容で、公益通報によって米子市に是正を求めた、と。その内容について、西部労連の役員の方や非公式ルートを通じて公民館職員さんの実態を調べ、12月定例議会で質問として取り上げました。 (さらに…)

「原発を続ける経済性はない」

13年12月14日 土曜日

14日、月刊誌「前衛」1月号に掲載されている大島堅一・立命館大学教授の「原発を続ける経済性はない―エネルギー転換は、いますぐ可能」を読みました。大島教授は電源別の発電コストを計算し、「事故費用」を入れない場合でも1kWhあたり原発は10.25円、それに対し火力は9.91円、一般水力は3.91円で、「事故が起こらないときから、原発が一番高かった」と強調します。それにプラスして、過酷事故を考えれば…。 (さらに…)

産廃処分場建設に反対を、の陳情

13年12月13日 金曜日

13日の金曜日、クリスチャンではないので気にはしてませんが、住民団体から出されていた「淀江産廃処分場建設に反対」を求める陳情、きょうの米子市議会市民福祉委員会で見事に!不採択とされてしまいました。採択を主張したのは石橋委員(共産党)だけ‼︎ (さらに…)

原発再稼働に道開く市長の姿勢

13年12月12日 木曜日

12日午前、米子市議会全員協議会と原発特別委員会が連続して開かれ、野坂市長が中電の原発再稼働に向けた島根原発2号機の安全審査申請について容認する姿勢を示した。そのことについて、保守系会派の蒼生会の議員は全協で一言もなく、委員会での原発再稼働に反対する陳情には背を向ける態度に終始。やっぱりね!

広島からお歳暮届きました

13年12月11日 水曜日

11日、帰宅すると広島から宅配便が届いてました。私が学生時代お世話になった下宿の“おばちゃん”からです。卒業して40年近くなりますが、この時期にはいつも名産「広島菜漬」を贈っていただいてます。秋には鳥取の「二十世紀梨」をこちらから。卒業してからは、一度広島を訪れた際にお会いしたきりですが、「届きました! お元気ですか」の9月と師走の電話での交流、これからも末長く続けたいものです。

冬用タイヤに交換しました

13年12月11日 水曜日

11日、車検にあわせてタイヤを冬用に交換してもらいました。週間の天気予報でも明日から寒さが募り、霙や雪マークが付いています。私の場合、新聞の早朝配達があるので、朝起きて雪が積もってた!と慌てることがないようにしておかねばなりません。さぁ、これで雪対策はOK‼

防衛予算で「老人センター」??

13年12月11日 水曜日

米子市の12月定例市議会に上程されている補正予算の中に、来年度にかけての債務負担行為として大篠津地区に「老人センター」を建設するための調査費(820万円)が入ってます。現在、市内中心部と東部の2か所に介護保健センターがありますが、市内の北西端の同地区につくろうというもの―。 (さらに…)

学校体育館改築での寄付集めその2

13年12月10日 火曜日

昨日、市内の学校体育館が改築されるにあたって、備品購入のための寄付集めが半ば強制的の行われている問題を取り上げました。保護者からの匿名の訴えがあって、教育長らに申し入れたのですが…。さっそく動いていただきました。 (さらに…)

原発再稼働へ 拙速な結論出すな!

13年12月10日 火曜日

10日、米子市議会の議会運営委員会で、あさって12日午前9時から全員協議会が開かれることが決まりました。島根原発再稼働に向けた新規性基準の安全審査を中電が申請することについて、野坂市長が容認するのかどうか姿勢を明らかにするようです。 (さらに…)

学校体育館の改築で寄付集め

13年12月9日 月曜日

市内の学校の体育館が改築されるのに伴い、備品を購入するために保護者や地域住民に半ば強制的に寄付を募ることになってるーという匿名の訴えが昨日私のもとに寄せられ、仲介者を通じて電話で確認。きょう(9日)、市議会の本会議が終わった後、教育長らに申し入れをしました。 (さらに…)