月間アーカイブ 14年4月

食卓に花があるだけで心がなごみます

14年4月30日 水曜日

きょう(30日)午前中の地域での訪問・対話活動などを終えて帰宅し、昼食のテーブルに着いたら、可愛らしい白のコデマリとピンクのヒメフウロが飾ってありました。我が家の庭に咲いていたものを、妻がオアシスにいけたものですが、ホッと心和む瞬間です。

米子市の花・ツツジが咲き始めました

14年4月29日 火曜日

祝日のきょう(29日)も、朝の会議をすませた後、車を走らせ訪問・対話活動。市内の街路や公園では、米子市の花・ツツジがピンクや白の花を咲かせ始めています。薄日がさした山陰歴史館前でパチリ!

目まぐるしく動き回った一日でした

14年4月28日 月曜日

28日、月曜日定例の朝宣伝をした後、昨日電話でアポを取っていた生活相談の件で訪問。大阪府吹田市に住む妹が生活保護を申請し、米子に住む70代の姉のところに吹田市役所から扶養援助の照会がきた―という内容。文書を持ち帰り、生活と健康を守る会の役員さんや、気軽に相談できる米子市福祉課の担当者から情報を仕入れ、午後に再訪して吹田市の共産党議員の連絡先もお知らせしながら対応の仕方を話し合いました。 (さらに…)

安倍首相は「牽強付会(けんきょうふかい)」

14年4月27日 日曜日

きょう(27日)付の「しんぶん赤旗」1面左肩、「砂川闘争の現場から見えた 集団的自衛権『粗末な話』」という特報記事。安倍首相らが海外での武力行使につながる集団的自衛権の行使容認の根拠にしようと、砂川事件最高裁判決(1959年12月)をもっともらしく引用していることに対して、松本一郎独協大学名誉教授が「言いがかりもはなはだしい、牽強付会(=自分の都合よく強引に理屈をこじつけること)だとはっきり申し上げたい」とキッパリ! (さらに…)

歩けば生活相談に突き当たる‼

14年4月27日 日曜日

日曜日のきょう(27日)も好天に恵まれて、午前、午後と共産党の後援会員や赤旗読者宅を訪問。ある赤旗集金の担当の方から「読者から生活保護のことで相談にのって欲しいそうです」と連絡がありました。 (さらに…)

目まぐるしく動き回った一日でした

14年4月25日 金曜日

きょう(25日)午前中は生活相談。1歳7ヶ月と3ヶ月の2人の子どもを預ける保育園がない、という。5月から職場復帰するのに、どうしたらいいか、という問題です。0歳児、1歳児を預かる保育園はどこも満杯状態。あとは高い保育料を覚悟して無認可に預けるしかない、という現実です。認可保育所が圧倒的に足らない実態、なんとかしなければ…。 (さらに…)

小池晃参院議員を迎えての演説会ポスター

14年4月24日 木曜日

来月5月24日(土)に米子市文化ホールで開く日本共産党演説会をお知らせするポスターが出来上がり、24日、さっそく何枚か町に貼り出しました。弁士は小池晃参院議員(党副委員長、政策委員長)で、私も訴えます。

快晴の米子でハンドマイク宣伝

14年4月23日 水曜日

23日、午前中は共産党義方支部のみなさんと一緒に宣伝活動。私がハンドマイクで訴え、その周辺の民家に赤旗号外と議会報告をセットしたビラを配布。消費税増税、原発再稼働問題と市政を絡めて計6カ所で街頭宣伝し、ビラ約300枚を配りました。 (さらに…)

5月24日に米子で日本共産党演説会

14年4月22日 火曜日

「がまんならない!消費税大増税‼︎  暮らし守る『対案』をお話しします。」―。日本共産党副委員長(政策委員長)の小池晃参院議員を米子に迎えて、日本共産党演説会(共産党西部地区委員会など主催)を開きます。来月5月24日(土)午後2時半から、会場は米子市文化ホール(米子市末広町293)です。 (さらに…)

県内産の美味しい牛乳を子どもたちに‼

14年4月22日 火曜日

子どもたちに美味しい地元産の牛乳を学校給食で提供して―と22日午後、、共産党西部地区委員会と党米子市議団で米子市教育長に申し入れをしました。今年度に入って早々から、「学校給食の牛乳が美味しくない!」という声が子どもたちや保護者から寄せられていました。 (さらに…)