月間アーカイブ 16年2月

米軍E-2Cは米子空港に来るな‼

16年2月4日 木曜日

郷土の米子空港(航空自衛隊美保基地)にあす、米軍E-2C早期警戒機が飛来しタッチアンドゴーの訓練をすることに対し、日本共産党鳥取県西部地区委員会(福住英行委員長)や平和・民主・住みよい米子をつくる会(米子革新懇)などはきょう(4日)、米子市にある中国四国美保防衛事務所を訪れ、中止するよう防衛局に申し入れました。 (さらに…)

米子の地方創生について考える講演会

16年2月2日 火曜日

きょう(2日)午後、「山陰・米子経済圏の創生に向けて」と題した講演会が米子市立図書館で開かれ、自治体職員、地方議員らが大山陽久(おおやま・はるひさ)・日銀鳥取事務所長の話に耳を傾けました。
大山氏は、人口の自然増減と社会増減など、日銀の調査資料「山陰創生に向けた課題」を中心に現状や将来像を解説。創生に向けた具体的な取り組みとして▷交通の要衝▷中海経済圏▷鳥大医学部ーなどをキーとした方向性を示しました。 (さらに…)

米子市内の水道、生活に支障のない程度に回復

16年2月1日 月曜日

先週の寒波による米子市内の水道管凍結・破裂による漏水で水圧が低下し、断水、水がチョロチョロとしか出ない、といった生活への支障が出ていました。
米子市水道局によると、きょう(1日)現在復旧が進み水圧も回復。後は、空き家や長期不在宅の漏水の発見に努めている、と。
蛇口から勢いよく流れる水を見て、生活に欠かせない水が不自由なく出ることのありがたさ、水道事業の大切さが実感されます。