月間アーカイブ 16年3月

「保育士」でなくても保育できるの‼

16年3月17日 木曜日

米子市は保育園の待機児童対策の一環として、民間の小規模保育事業を昨年4月から取り入れてきました。待機児童が多い0ー2歳の乳幼児を受け入れる12ー18人規模の保育所で、それまで無認可だった保育園などが参入。長年、保育を実践してきた施設もあり、従事者すべてが保育士の資格を持つA型を基本とするとして、保育の質を保つと市は説明してきました。
ところが今年4月から、これまでA型だった某施設がB型に転換すると、昨日(16日)の市民福祉委員会で明らかになりました。保育士が辞めてしまったから、と言うのです。
B型は従事者の過半数が保育士の資格を持っていればいい、あとは一定の研修を受けた人材でいい、というものです。専門性を投げ捨て保育の質を低下させる「子ども・子育て支援新制度」の弊害が、1年で露呈した格好です。
許せません❗️

「歩道のレンガにつまずいた‼」

16年3月15日 火曜日

昨日、議員控え室に電話で歩道改修の要望があり、今朝(15日)、議会が始まる前にさっそく現場に出かけ状況を確認してきました。
米子市文化ホールからコンベンションセンターに向かうレンガ歩道の一部が、歩道の植栽の根が張って盛り上がる形で浮き上がってました。
お年寄りの方が散歩中につまずいてケガをされたとか。現場の写真を撮って、市の道路維持係に相談を持ちかけ、「現場を確認してみます」とのこと。根も切らなければ、と担当者は言ってました。

元会見町議の加藤さん、安らかにお眠りください

16年3月13日 日曜日

日本共産党の旧会見町議を6期務められた加藤静巳さんが亡くなり、あす(14日)が告別式とのことですが、議会日程と重なるため今日の午後、米子市の南に隣接する南部町のご自宅までお悔やみに出かけてきました。 (さらに…)

建設部をめぐる贈収賄容疑(その2)

16年3月12日 土曜日

昨日書き込みした件ですが、米子市の現職の建設部維持管理課長が収賄の疑いで米子署に逮捕されたと、きょう(12日)付けの地元紙は大きく報道しています。
容疑は道路維持補修工事の入札で便宜をはかった見返りに、業者から商品券数万円分を受け取った、とのこと。
ただ、この業者が米子市の指定管理者として都市公園の管理などを委託されている、という実態にあり、この業者への指定管理委託料を含めた新年度予算を認めていいのか、という問題が出てきました。
条例や要綱を調べて、場合によっては月曜日の予算決算委員会での総括質問で、緊急に取り上げることも考えなくてはなりません。

市の現職課長が受託収賄で逮捕

16年3月11日 金曜日

今日(11日)、原発集会・デモを終えて帰宅すると、米子市から憤りを覚える知らせがFaxで届いてました。
受託収賄の容疑で米子市建設部維持管理課長(60歳)が米子署に逮捕された、と。関係事業者から金品を受け取り、入札などで便宜をはかったーという疑いです。
市長もマスコミに対しコメントしていますが、市民の信頼を裏切るものです。
こうした行為は絶対に許せるものではありませんが、この3月の定年退職を目前にしての逮捕。残念でなりません。

「原発いらない!」と気勢を上げる

16年3月11日 金曜日

きょう(11日)夕、福島第一原発事故から5年、NO NUKES DAY in 米子が取り組まれ、参加者は原発ゼロの社会をと気勢をあげました。
中電前のポケットパークで集会が開かれ、「反原発」に取り組んでいる5団体から決意表明。参院選鳥取島根選挙区で無所属から立候補を予定している福島浩彦・元我孫子市長からメッセージが寄せられました。
このあと参加者はJR米子駅前までパレード。プラカードやのぼりを掲げて、「原発いらない!」「再稼働やめろ!」などコールしながら、市民に脱原発を呼びかけました。

後藤ヶ丘中で卒業式、211人が巣立つ

16年3月11日 金曜日

きょう(11日)午前、地元の後藤ヶ丘中学校の卒業式に、来賓として出席してきました。
男子96人、女子115人の合わせて211人の卒業生。一人ひとりの名前が読み上げられ、クラス代表が校長から卒業証書を受け取りました。
式が終わり在校生や保護者らからの拍手に送られて巣立っていく卒業生の中には、涙ぐんでいる女の子も…。みなさんの将来が明るいものになるようにとの思いを込めて、拍手で見送りました。

あす(10日)午前10時から一般質問

16年3月9日 水曜日

米子市議会3月定例会の質問戦もあす(10日)が最終日。午前10時からに日本共産党米子市議団の岡村英治議員が一般質問に臨みます。質問項目は以下の通りです。議会傍聴にお出かけください。インターネット中継もあります。 (さらに…)

春名さん、米子商議所で意見交換

16年3月7日 月曜日

日本共産党の春名なおあき元衆院議員(参院選比例代表予定候補)、米子市内での活動のきょう(7日)午後の部は米子商工会議所を訪問。松本順次専務と懇談・意見交換しました。
話題は米子市の重要課題の一つになっているJR米子駅南北自由通路の建設問題、中心市街地にあった地元デパートの破産、シャープ米子工場の雇用ーなど多岐にわたりました。
また消費税増税に伴う複数税率について、松本専務は混乱が起こるのではないか、との懸念を示しました。

春名さん、米子市内で街頭演説

16年3月7日 月曜日

日本共産党の参院選比例代表候補の春名なおあき元衆院議員、きょう(7日)午前中は米子市内2カ所で街頭演説。1人区では野党共同の戦いで、また比例で大きく共産党の議席を伸ばして、安倍政権の暴走にストップをと呼びかけました。 (さらに…)