月間アーカイブ 16年5月

3議席回復へ米子市議選候補を発表

16年5月13日 金曜日

2年後の米子市議選で必ず日本共産党の3議席回復をーと、きょう(13日)3人の候補者発表をしました。
現職の私・岡村英治(63歳、6期)、元職の石橋佳枝(67歳、2期)、そして新人の又野史朗(45歳)の3人です。又野さんは今年3月まで勤めた市役所を退職し、4月から党の専従として活動しています。
ことし夏の参院選で党の躍進の先頭に立ち、その勢いで2年前の市議選で3議席から1議席に後退した雪辱をはらそうーと決意も新たにした記者発表となりました。

「通学路に歩道がなく心配です」

16年5月12日 木曜日

通学路の市道に歩道がなく危険、子どもたちの安全が心配ですーという要望が寄せられました。
2年後の市議選に向けて、今年3月に長年勤めた米子市役所を退職し、日本共産党の専従として候補者活動をしている又野史朗さん(44歳)が、地元の訪問活動をしていて耳にした声です。 (さらに…)

母の日でゆっくりと外食楽しむ

16年5月8日 日曜日

きょう(8日)は母の日ということで、わが家の息子が「晩飯を奢ったげるわ」と外食に連れて行ってくれました。私もご相伴にあずかり、ゆっくりと会食を楽しませていただきました。
来月の父の日も頼みます(^O^)/

福島浩彦さんの演説会告知ポスター

16年5月8日 日曜日

ことし夏の参院選で鳥取島根選挙区から野党統一候補として出馬を予定している住民目線で政治を変える会・山陰の福島浩彦さんの演説会告知ポスターが出来上がり、きょう(8日)午前、さっそく自転車で地域を回り貼り出してきました。
ユニークで目を引くポスターですね(^o^)

天も味方する「原発ゼロ」金曜行動

16年5月6日 金曜日

きょう(6日)夕やった「原発ゼロ」金曜日行動、行進を始めようとすると何故か雨がやむんです(^o^) 先週は祝日だったのでお休みしましたが、きょうも米子市文化ホール前から中電前のポケットパークまでデモ行進。中電前では「再稼働やめろ!」とハンドマイク宣伝しました。

市営住宅申し込みにもマイナンバー

16年5月6日 金曜日

「広報よなご」5月号の市営住宅入居者募集欄を見ていたら、入居申し込みの際にマイナンバーの記入が必要とあり、担当の米子市建築住宅課から聞き取りをしました。 (さらに…)

エビネ蘭100鉢が競演

16年5月5日 木曜日

米子えびね会主催の第36回えびね展が米子市公会堂で開かれており、きょう(5日)午前、出かけてきました。
(さらに…)

充実した時間を過ごせた憲法記念日

16年5月3日 火曜日

きょう(3日)午前、「5・3憲法集会」に出かける前、米子市美術館で開かれている絵本作家の「生誕100年 ターシャ・テューダー」展を鑑賞。アメリカ・バーモント州の森でガーデニングを楽しみ、92歳で亡くなるまで創作活動を続けた足跡をたどりました。
そのあと午後1時からは、毎月3日に作家の澤地久枝さんらが呼びかけている「アベ政治を許さない」のスタンディングアピールに参加。激甚災害を指定しながら、自らは外遊に出かけてしまうなど、国民の痛みに思いを寄せない安倍政権は退陣を❗️と呼びかけました。

憲法、立憲主義について理解を深めました

16年5月3日 火曜日

憲法記念日のきょう(3日)、「5・3憲法集会」(同実行委員会主催)が米子市文化ホールで開かれ、新進気鋭の憲法学者・岡本寛島根県立大学総合政策学部講師が「日本・国・憲法ー立憲と専制を分かつもの」と題して講演しました。
岡本氏は、「立憲」に対して「専制」があるとしたうえで、2014年7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定について「憲法規範を壊し専制政治につながる」と警告します。
また、大日本帝国憲法は立憲主義と神権天皇制という“二つの魂”があると指摘して、1930年代に神権天皇制が暴走し、国家主義が台頭した。戦後、その体制が解体したが、小選挙区制によって専制政治が強まった歴史を論じながら、「権力は腐敗することを忘れてはならない。権力と個人は常に緊張関係を保つことが大切」と強調しました。
 講演の後、住民目線で政治を変える会・山陰代表の福島浩彦さんや作家の松元薫さん、高橋慎一弁護士などがリレートーク。高橋氏は、「安保法を廃止し9条守ったそのあと、どう平和外交を進めるのか、といったビジョンを語ることが必要」と指摘しました。

日本海新聞、復刊40年なんですね

16年5月1日 日曜日

40年前のきょう5月1日、前年に倒産した地元紙「日本海新聞」が県民や全国の新聞労働者の支援を受けて、新聞界ではあり得ないと言われた「復刊」をやり遂げた記念すべき日、です。 (さらに…)