月間アーカイブ 16年12月

ウソとごまかしのTPPはノー‼

16年12月10日 土曜日

「TPP強行と農協解体を許さない 鳥取県西部地区総決起集会」(同実行委員会主催)がきょう午後、米子市のJA西部会館で開かれ、会場いっぱいの参加者が鈴木宣弘東大教授の講演に耳を傾けました。 (さらに…)

市長自ら住民の声に耳を傾けよ‼

16年12月8日 木曜日

きょう(8日)の地元紙記事の見出し。きのうの一般質問で私が産廃処分場問題での市のスタンスをただしたのに対し、市長が「関係自治体として、住民の声を県とセンターに届けるため、意見を直接聞きたい」と答弁した、との記事ですが…。 (さらに…)

あす5番目に質問に臨みます

16年12月6日 火曜日

米子市議会12月定例会、きょう(6日)から一般質問が3日間にわたっておこなわれます。
質問初日を終え、帰宅して明日が出番の質問原稿を、とりあえずまとめました。でも、長すぎ〜。30分に収まるよう、これからバッサバッサと切りまくらなくっちゃ。

私の質問は①産廃処分場、②原発避難訓練、③同和事業、④国保、⑤空中給油機―の大要5項目です。あすの5番目に質問に立ちますから、午後3時ごろの出番でしょうか。議会傍聴にお出かけください。

“悪政三兄弟”に厳しい国民の審判を‼

16年12月5日 月曜日

きょう(5日)、月曜日定例の日本共産党朝宣伝、いつもの交差点でハンドマイクで訴えました。
延長された国会でTPP、年金カット、カジノーと自民、公明、維新によって採決が強行されています。“悪政三兄弟”に今度の総選挙で厳しい審判を下し、少数派に押し込もうと呼びかけました。

JR米子駅のあり方を市民参加で考える

16年12月3日 土曜日

総事業費60億円というJR米子駅南北自由通路事業が計画されている米子市。「米子駅についてみんなで考えるシンポジウム」(日本建築学会鳥取支所主催)がきょう(3日)午後、米子市錦町1丁目のふれあいの里で開かれ参加してきました。 (さらに…)

12月米子市議会:岡村議員7日質問

16年12月3日 土曜日

米子市議会12月定例会が2日開会し、21日までの20日間の日程で論戦が繰り広げられます。一般質問は6日(火)から3日間で、計18議員が質問に臨みます。岡村英治議員は質問戦2日目の7日(水)5番手です。各議員の質問項目をご紹介します。

岡村議員質問項目は以下の通りです。

1産業廃棄物最終処分場計画について
(1)市民の声を無視した環境管理事業センターの進め方に反対を
2災害に強いまちづくりについて
(1)実効性ある原発事故避難訓練を求めて
(2)中部地震での学校給食センター被災からの教訓に学ぶ
3同和対策の逆流を許さない
(1)「『部落差別』固定化法案」は廃案に
(2)米子市の個人給付事業は廃止に
4いのちと健康守る国民健康保険に
(1)「人間ドック」などの受診に国保料の完納要件をはずす
(2)国保法第44条の完全履行
(3)特別医療費助成に対する国のペナルティー
5美保基地への空中給油機配備計画に反対を
(1)基地機能の重大な変更
(2)莫大な税金を米軍需産業に回させるな
(3)計画の是非の判断は全市民の声をもとに

快晴のもと「原発いらない!」

16年12月2日 金曜日

きょう(2日)、「原発ゼロ」金曜日行動に参加してきました。
先月までは夕方にしてましたが、日暮れが早くなり今月からはお昼休憩時に。ブロンズの白鳥さんに見送られて、米子市文化ホール前を出発。駅前通りを行進して、終点の中電前のポケットパークでハンドマイク宣伝。「原発なくても電力足りてる!」と気勢をあげました。