月間アーカイブ 17年7月

平和行進が島根へ引き継がれました

17年7月20日 木曜日

今月10日から鳥取県内すべての市町村を歩いていた国民平和大行進の日本海コース、最終日のきょう(20日)は西伯郡内から再び米子市内に入り、島根県境に。
夕方におこなわれた引き継ぎ式で、島根県行進団の一行に横断幕を手渡して、鳥取県内の行進を終えました。
この日本海コースは、明日から島根県内を歩き、広島県に引き継いだ後、来月4日に広島市に到着します。

核兵器廃絶願って平和行進

17年7月19日 水曜日

きょう(19日)午前、核兵器廃絶、被爆者援護の願いを込めて、今年も国民平和大行進、米子市役所までの短い距離でしたが歩きました。
6月8日に富山を出発した日本海コース。きょうは米子市文化ホール前から境港市役所までを歩きます。通し行進者は山口逸郎さん=東京都杉並区=で、85歳という年齢にビックリです。
途中、米子市役所前では職員の歓迎を受け、市長からのメッセージが託されました。

明日の平和行進の告知ビラをまきました

17年7月18日 火曜日

富山を出発して広島に至る国民平和大行進の日本海コース。あすはJR米子駅前を出発して境港市役所までのルート。わたしの地元の住吉地区も午前中に行進するので、きょう(18日)午前中、沿道の民家に告知ビラをまいてきました。
玄関先で庭仕事をしていたご主人、「日本が核兵器禁止条約に賛成せんのはイケン!」と怒っておられました。そうした世論で核廃絶に背を向けるアベ政権を包囲しましょう。

4選果たした河野都議が米子で支援お礼の挨拶

17年7月15日 土曜日

きょう(15日)夕方、米子市内で日本共産党の選挙学校が開かれ、今月2日の都議選で江戸川区から4選を勝ちとった河野ゆりえ都議が支援のお礼の挨拶。「鳥取をはじめ全国の応援で、共産党は19議席へと前進できた」と述べました。
鳥取県党は江戸川区へ選挙本番前からオルグ派遣、宣伝隊を組織するなど河野さんの再選に貢献しました。 (さらに…)

米子市水道局の新庁舎が竣工

17年7月12日 水曜日

きょう(12日)午前、米子市水道局=同市車尾(くずも)南2丁目=の新庁舎竣工式がおこなわれ、来賓として出席してきました。
現庁舎は、1971(昭和46)年に建てられたもので、老朽化と耐震性に問題があったため、南側敷地に昨年4月に着工。総事業費14億円かけて、鉄筋コンクリート造り3階建て延べ床面積3311㎡の新庁舎が建設されました。 (さらに…)

アベ政権退陣へ解散・総選挙を

17年7月10日 月曜日

おはようございます。きょう(10日)月曜定例の日本共産党朝宣伝、米子市内のいつもの交差点でやってきました。
九州豪雨災害の被災者にお見舞いと、20人を超える犠牲者にお悔やみを申し上げました。
また、国政を私物化し、憲法をないがしろにする安倍政権の一刻も早い退陣を求め、早期の解散・総選挙をと訴えました。
今日は6月定例市議会最終日です。これから市役所に出勤です。

中学生に「銃剣道」、とんでもない‼

17年7月5日 水曜日

きょう(5日)の「しんぶん赤旗」社会面記事。
銃剣道を文科省は新学習指導要領で、「保健体育」の武道での選択種目にあげました。中学生に“軍事教練”をさせようとでも言うのでしょうか?
記事では、日本共産党の宮本徹衆院議員の調査に対する防衛省の回答として、銃剣道の訓練中に死亡し、公務上の災害として認定された自衛隊員が2人いる。また、昨年1年間だけで、隊員が同訓練で負傷し、公務上の災害と認定された件数は59件もある、と。
この記事のコピーを持って米子市教育委員会に出かけ、中学校での「武道」の状況について懇談しました。
記事の見出しが言うように「喉・胸突く危険な技、中学で教えてならない❗️」ですよね。

「ポーズを決めるアベ」道徳の教科書に‼

17年7月5日 水曜日

きょう(5日)実物を見ましたが、ヒドイ💢
来年度から採択される教科書見本の展示会が、あすまで鳥取県内10カ所で開かれてます。米子市議会の委員会傍聴を終えて、米子会場の市立図書館に行ってきました。
ネットでも話題となっている、道徳教科書に最もふさわしくない人物が載っている、と評判の教育出版「小学道徳5」。 (さらに…)

小規模保育施設増えて保育士不足深刻

17年7月5日 水曜日

きのう(4日)は米子市議会の私が担当する市民福祉常任委員会。付託された議案、予算などを審議、この中で私は、保育士不足の問題を取り上げました。
2015年度に始まった「子ども・子育て支援新制度」で、米子市は待機児童対策として0〜2歳児を対象とする小規模保育施設を積極的に導入してきました。県内24のうち米子市内に15施設が集中しています。 (さらに…)

河野利晴さん写真集「ネパールの笑顔」

17年7月5日 水曜日

きのう(4日)の米子市議会、委員会審議のお昼休憩に市役所1階福祉の店で、米子市在住の写真家・河野利晴さんの写真集「ネパールの笑顔」ゲットしました。
日本海新聞、共同通信記者時代から通い詰めたネパール。「ナマステ」(こんにちは、さようなら)と気さくに現地の人たちに溶け込んでいる河野さん、そのものが垣間見える写真集です。
定価1500円(税別)。写真集の収益は、現地の診療センター、9000人近い死者を出した被災地に贈られます。