月間アーカイブ 17年11月

一般質問の論点整理・骨子のまとめ

17年11月30日 木曜日

米子市議会12月定例会、明日(1日)が開会日です。
本会議終了後、来週から始まる一般質問の内容について担当課からのヒアリングがあります。
きょう(30日)はヒアリングに備えて論点整理、質問骨子をまとめ上げる作業に時間を費やしました。明日の担当課との論議を踏まえて、質問原稿を仕上げていきます。
私の質問日は質問戦3日目の8日(金)、その日の1番手として午前10時からです。質問は①産廃処分場、②保育、③ゴミ有料化の検証、④除雪対策―の4項目です。
あっ、宇沢弘文さんの新書本は、追及質問で引用しようかと…。

8日(金)10時から一般質問します

17年11月29日 水曜日

米子市議会12月定例会は1日開会、5日(火)から質問戦です。質問通告期限がきょう(29日)の正午となっており、私も先ほど質問通告を提出。質問3日目の8日(金)のトップバッターで、午前10時から質問に臨みます。質問項目は下記のとおりです。議会傍聴にお出かけください。

一般質問項目

1、産廃処分場建設計画の中止を求めて

(1)淀江の水を汚してはならない

(2)計画反対の声を市長はどう受け止めているか

 

2、子どもたちに最善の保育環境を

(1)小規模保育施設をめぐる保育環境

(2)企業主導型保育の参入と米子の保育

 

3、ゴミ有料化の検証を

(1)ゴミ有料化導入以降のゴミ排出量の推移

(2)県内一高いゴミ袋代の引き下げを

 

4、生活道路の除雪対策の充実を

(1)県内他市の生活道路除雪対策の状況

(2)米子市の取り組み方針

 

1日、米子市議会開会。20日まで

17年11月24日 金曜日

米子市議会12月定例会が、1日から20日まで20日間の日程で開かれます。一般質問は5日(火)から4日間です。議会日程をアップしますので、傍聴にぜひともお出かけください。

市政要望にこめた思いは…

17年11月22日 水曜日

きょう(22日)、伊木隆司米子市長に来年度の市政要望を提出しました。実はこの市政要望、3人の日本共産党市議団時代は毎年この時期に行ってきましたが、3年前の市議選で1議席に後退して以降はやりきれていませんでした。
今年、何としても市政要望をしなければと考えた理由は二つあります。 (さらに…)

来年度の市政要望を提出しました

17年11月22日 水曜日

きょう(22日)午前、来年度(2018年度)の市政要望を、日本共産党米子市議団(岡村英治議員)として伊木隆司市長に提出してきました。
憲法9条改悪に反対すること、同和地区に限った個人給付の廃止、国保の県単位化による国保料の引き上げをしないこと、産廃処分場計画の中止を県に求めること、すべての教室にエアコン設置―など、市政全般にわたる市民の切実な要求を掲げました。 (さらに…)

初めての「議会報告会」、やって良かった

17年11月21日 火曜日

米子市議会が今年度初めて取り組んだ「議会報告会」。先週から市内各所で開催され、私たちの班担当の4回目のきょう(21日)が最終日。今晩、市役所を会場にした報告会を終えて帰宅したところです。
全議員(25名)が4班に分かれて、市議会の仕組みや予算・決算の概要と議会としての指摘事項などを報告。参加した市民から市政や議会に対する意見や要望が出され、議員が答えるという形式を取りました。 (さらに…)

右翼を使って「産廃処分場建設推進‼」

17年11月20日 月曜日

きょう(20日)夕方帰宅すると、米子市淀江町に計画されている産廃処分場の建設に反対している「大山ふもとの自然環境と米子の水を守る会」のニュースが届いてました―。
それによりますと、19日(日)午前、処分場が計画されている淀江町内を右翼の街宣車が「淀江産廃処分場を急いでつくりましょう」「浄化した水は飲料水にもなるほどきれいです」と、大音響で流して回ったそうです。
ある方のFBによると、淀江町内で目撃された街宣車の車体には「山陰皇道社」「祖国防衛隊」と書き込まれていたそうです。
反対の声が日に日に高まってくるのを見て、右翼まで駆り出して産廃処分場建設を推進しようとする、焦ってきてるんですね。断念に追い込むまで頑張りましょう

米子市内で新たに開設された保育施設

17年11月20日 月曜日

きょう(20日)午前中、先週につづいて鳥取の保育を考える会の石井由加利代表らとともに、米子市内の保育施設2カ所を見学しました。
企業内保育所、小規模保育所それぞれ1カ所ずつでしたが、感じたことは保育士さんは、子どもたちにとって良い保育を実践しようと懸命に頑張っておられること。 (さらに…)

「社会的共通資本」の宇沢氏に学ぼう

17年11月19日 日曜日

米子市出身の世界的経済学者で、「社会的共通資本」という概念の提唱者の宇沢弘文氏。2014年に亡くなったあと、宇沢氏に学び新しい社会のしくみを考えあおうと、「よなご宇沢会」が市民らによって結成され、毎年記念フォーラムが開催されています。3回目となったきょう(19日)のフォーラムは鳥取大学医学部記念講堂(米子市西町)で開かれ、参加してきました。 (さらに…)

朝日の不破インタビュー読みました

17年11月18日 土曜日

日本共産党前議長の不破哲三・社会科学研究所所長の「ロシア革命100年」をテーマにしたインタビュー記事、掲載された昨日の朝日新聞、きょう(18日)午前、党事務所まで届けていただきありがとうございました(私は購読してないもので、FBで記事を知って知人に見せていただくことを依頼!)。夕方帰宅して読ませていただきました。 (さらに…)