Archive for 1月 9th, 2018

「教育勅語にはいいことも書いてある」と言うけれど…

18年1月9日 火曜日

きょう(9日)、注文していた書籍が届きました。「教育勅語を読んだことのないあなたへ」(新日本出版社、1600円)、東京家政学院大学の佐藤広美教授と日本共産党文教委員会責任者の藤森毅さんの共著です。
藤森さんがあとがきに代えてで書いていますが、一人ひとりが「内なる倫理」=自分なりの道徳をつくっていくうえで、教育勅語は反面教師としての役割をはたしています。その面からも、教育勅語はもっと読まれていい―と。
第1章で、ともかく原文を読んでその一つひとつの意味がわかるようにし、第2章:誰が書いたのか? 第3章:どのように徹底されどんな人が抵抗したのか 第4章:戦後の排除・失効の経過 第5章:意外にも戦後最大の勅語論争となった2017年の国会審議―という構成です。
道徳の教科化が進められる今、関心をもって読んでいきたいと思います。