月間アーカイブ 18年4月

米子市議会で島根原発3号機の説明会

18年4月23日 月曜日

きょう(23日)午後、米子市議会全員協議会が開かれ、中国電力の担当者から島根原発3号機について、議会として初めて説明を聴きました。

3号機は2005(平成17)年12月に着工。2011年4月末時点での総工事進捗率は93.6%。稼働後の電気出力は137万kWで、中電管内の総電力の1割強を3号機だけでまかなう計画です。

今後、新規性基準適合性審査請求に早期にこぎつけたい中電として、これまで島根県や松江市など原発の立地自治体に対して行ってきた説明会を、福島原発事故以降新たに安全協定を結んだ30㎞圏内の米子市や境港市、鳥取県などに対しても開くことが求められていました。

先週の20日に県議会で説明会があり、きょうの全協で米子市議会に対する説明となりました。担当者から3号機の概要について説明があったのち、議員から質問が出され、私は以下の4点について中電の姿勢をただしました。

①中国エリアの需給バランス見通しで、中電が建設中の三隅発電所2号機(石炭火力)が営業運転を始める2023(平成35)年度は、供給予備率が27.0%となるなど“電力は足りてる”状態の中で、危険な原発を新規に動かす必要性はない

②3号機で導入する改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)は、電気モーターを採用した制御棒自動駆動方式によって、電力需要に応じて出力を調整する運転をおこない、発電コストの軽減を図ろうとしているが、この出力調整運転は原子炉内での核反応の急激な上げ下げにより核燃料棒が膨張、収縮を繰り返す中で破損の恐れが増え、危険性も高まる

③3号機の審査申請前に、「事前了解」「立ち入り調査」といった米子市などが求めている立地自治体と同等の安全協定に改定すべき

④直接、住民に対しても説明会を開催すべき

セーフティネット守って暮らし支える政治を

18年4月22日 日曜日

きょう(22日)午後、米子市錦町1丁目のふれあいの里で米子生活と健康を守る会の定期総会が開かれ、私と日本共産党の錦織陽子県議が来賓あいさつしました。

私はあいさつの中で、最後のセーフティネットが安倍政権で壊されようとしている。憲法25条が生かされ、国が生活保護でしっかりと暮らしを支える、そうした政治を力を合わせて作っていきましょう、と。

そのためにも、市議会でも老齢加算の復活、冬期加算の底上げを国に求めよと主張している共産党を、3議席に増やしてと呼びかけました。

23日に米子市議会で島根原発3号機の説明

18年4月21日 土曜日

今度の月曜日・23日午後2時から、米子市議会全員協議会が開かれます。

中国電力の担当者が来て、2005(平成17)年に着工し、新規制基準適合性審査申請に向けて準備を進めている島根原発3号機の概要について、議会で説明します。

質疑もありますので、ぜひ議会傍聴にお出かけください。

写真は、昨日(20日)に鳥取県議会で説明があった概要書を、錦織陽子県議からお借りし、きょうの夕方から目を通して勉強した資料です。

日米首脳会談の核心がわかる「赤旗」記事

18年4月20日 金曜日

日米首脳会談を、国民の立場にたって総力取材! そんなきょう(20日)付の「しんぶん赤旗」記事です。

日本国民の利益を損なう「2国間の新貿易協議」、朝鮮半島の非核化・平和への激動に取り残された日本政府、武器購入を日本に迫るトランプー。首脳会談の核心がどこにあるのか、よく分かる特集です。

朝鮮半島の動きに取り残された安倍政権が、ただただ支持率回復だけを狙うと、このような結果になるのは目に見えてますね。主体性のない安倍外交が明瞭になった今回の日米首脳会談です。

日本共産党の志位和夫委員長の談話も掲載されています。

5月3日に「憲法・安倍退陣」西部集会

18年4月20日 金曜日

憲法記念日の5月3日、「憲法を守ろう! 安倍政権退陣!」を求めて鳥取県米子市の中電前ポケットパークで、「西部集会」が開かれます。

午後1時30分から、リレートークや野党議員による決意表明、「安倍改憲NO! 3000万署名」達成に向けたパフォーマンスが繰り広げられます。

集会後はJR米子駅前までパレードします。みなさんもご参加ください。

身体をいたわりつつ、今日も元気で訪問活動

18年4月18日 水曜日

きょう(18日)夕方から、つながり名簿で訪問活動。

高校同期生は、3年前に脳梗塞を患って現役をリタイヤ。幸いに軽度だったため、目立った後遺症はないとのこと。

そういった年代に差しかかってるんですね、私たち。健康に留意して毎日を過ごしたいものです。

写真は、わが家の庭に咲いてるささやかな一枝ほどの藤の花。

5月12日の小池晃演説会のビラまき

18年4月14日 土曜日

おはようございます。きょう(14日)、米子の朝は曇り空。ときどき雨がパラっと降ってきます。

今朝は赤旗配達の当番の日でなく、5月12日(土)に日本共産党の小池晃書記局長(参院議員)を米子に迎えて開く演説会の案内ビラを地域にまいてきました。

当日は午後2時から、米子市公会堂大ホールが会場です。入場無料。嘘と偽りの安倍政治をどう転換するのか、縦横無尽に語る“小池節”をぜひお聞きください。

図書館ギャラリーで「米子城 魅せる!写真展」

18年4月11日 水曜日

きょう(11日)午後、米子市役所に出かけたついでに、隣接する市立図書館に足を運び、市民ギャラリーで開催されている「米子城 魅せる!写真展」を観てきました。

同写真コンテスト応募作品のうち、最優秀1点、優秀2点、入選10点の作品などが展示されています。

作品は、天守跡からの眺望や城山の豊かな自然、周辺の城下町の風情などを活写したもの。城山の魅力を再認識させてくれます。

同展は今月22日(日)まで。月曜日は休館。

6月市議選に向けて事務所開き

18年4月7日 土曜日

任期満了に伴い6月17日告示(24日投票)される米子市議選(定数26)に向け、きょう(7日)午前、7選を目指して日本共産党の岡村英治事務所開きが行われました。

党員や後援会員、支持者ら43人が参加。松原後援会長、錦織陽子県議、私の叔父や高校同級生の角谷敏男鳥取市議らが次々と激励のあいさつ。私は、共産党の3議席回復、そのためにも私の再選をと決意を述べました。

4月から3カ月間お借りした事務所は、米子市旗ヶ崎3丁目、2-3、電話0859-38-8015、fax0859-38-8016 です。ぜひ事務所にお立ち寄りください。

相次ぐ自衛隊機事故で、防衛局に申し入れ

18年4月6日 金曜日

先月29日に、隠岐の島での山林火災の消火活動のために出動していた陸自ヘリUH-1が、鳥取県西部にある航空自衛隊美保基地に緊急着陸した問題で、日本共産党西部地区委員会(平井一隆委員長)はきょう(6日)、中国四国防衛局に対し原因究明の徹底と再発防止を申し入れました。

陸幕広報室の発表では、油圧系統の配管からの作動油漏れが原因、と。同基地は民間航空との共用空港であり、ヘリが滑走路と誘導路間の草地に緊急着陸したため、民航機2便が欠航するなどの影響が出ました。

米軍や自衛隊機の事故が相次いでおり、「いつか重大事故が発生するのでは…」という基地周辺住民の不安は切実です。

申し入れには錦織陽子県議、岡村英治米子市議、石橋佳枝、又野史朗両米子市議選予定候補、安田共子、長尾達也両境港市議、福住英行衆院鳥取2区予定候補が参加。

同防衛局美保防衛事務所を訪れ、行徳賢治所長に、事故原因を徹底究明し、詳細な理由を公表するよう申し入れました。