月間アーカイブ 18年5月

市議選本番へ準備は着々

18年5月30日 水曜日

きょう(30日)の米子は、急な降雨に見舞われたりもしましたが、活動中はなんとか天気ももってくれました。

午前中は地元地域の訪問活動。午後からは宣伝カーに乗り込んで、福米地域で街頭宣伝。こうして回っていくうちに、演説内容も市議選本番に向けて磨き上げることができます。

また、車を走らせながら、「ここで演説できるね」など同乗者と本番中の演説個所もチェックできます。

夕方からは、日本共産党鳥取県委員会常任委員の福角英行さんと、三柳地域での赤旗読者への訪問活動。終わった途端の激しい降雨に、思わず「ラッキー!」。

1日の活動を終えました。

島根原発稼働させるな‼

18年5月28日 月曜日

きょう(28日)は、日本共産党として米子市と中国電力に対して島根原発関係でそれぞれ申し入れをしました。

米子市に対しては党米子市委員会(委員長・錦織陽子県議)が「島根原発3号機の新規制基準適合審査申請の事前報告への対応」について、①米子市が「原発ゼロ」を決断し、中殿に「原発ゼロ」を決断するよう求めること、②中電に立地自治体と同等の安全協定を締結するよう求めること、③中電の「事前報告」を返上し、島根県に「事前了解」をしないよう求めることーの3項目を申し入れました。

この申し入れには、錦織県議のほか岡村英治、石橋佳枝、又野史朗の3人の市議選予定候補が参加しました。

また中電へは「島根原発2号機の再稼働、3号機新規稼働の断念」を求めて、安田共子、長尾達也両境港市議が加わり、党鳥取県委員会として申し入れました。

写真は、辻佳枝・米子市総務部長に申し入れ書を読み上げる錦織県議

共産党3議席回復で市民要求実現、米子市議選を前に政策ビラ

18年5月25日 金曜日

任期満了に伴い6月17日告示(24日投票)される米子市議会議員選挙(定数26)を前に、共産党の3議席回復で市民要求実現、安倍政権に「NO!」の審判を突き付ける、そうした政策ビラを作成しました。市内の各ご家庭にはこれから配布されます。ご覧いただきご意見をお寄せいただければ幸いです。TEL 0859‐24‐4811 日本共産党鳥取県西部地区委員会

市議選投票日まであと1カ月、街宣に

18年5月24日 木曜日

厳しい日差しが照りつけた今日(24日)の米子でしたが、風が吹いていて暑さはさほど感じませんでした。

午後からの選対会議を終え、夕方の1時間を利用しての宣伝タイム。すっかりおなじみになった鳥取市議の岩永安子カーを走らせ、事務所の近回りで5カ所、街頭から訴えました。

「国や県が押しつけてくる悪政に、おかしいものはおかしい! キッパリものが言える日本共産党を伸ばして」と、ちょうど1カ月後に投票日となる米子市議選での共産党の3議席への躍進を訴えました。

河野さんの「魅せられて大山」ゲット

18年5月22日 火曜日

登山愛好者で写真家の河野利晴さん(米子市在住)の写真集「魅せられて大山」(1000円)を、米子市役所1階の福祉の店「おおぞら」でゲットしました。

四季折々に異なった姿を見せる大山(だいせん、標高1709m)や、登山者の目を楽しませてくれる花々、大山寺や大神山神社のたたずまいをカメラに収めています。

でも、なぜ福祉の店で売ってるの? 素朴な疑問を河野さんの人となりを知ってる方に尋ねました。そしたら、河野さんと「おおぞら」の深いつながりがあった、その一端を知ることができました。

爽やかな風に乗って街頭宣伝

18年5月21日 月曜日

きょう(21日)の米子、日差しは降り注いだものの、爽やかな風があって気持ちいい街頭宣伝日和。ブロック責任者のSさんと宣伝カーに乗り込んで、三柳地域を回りました。

団地を中心に7カ所で訴え。6月の市議選での日本共産党3議席実現で、市民の暮らし優先の政治へ切り替え、安倍政権に「NO!」の審判を地方から突きつけましょう、と呼びかけました。

街宣の合間の車の走行中は、きのう私自身の声で吹き込んだ政策スポットを流しながらの運転で、何かこそばゆいような感じでした(≧∇≦)

「九条守れ」の本気度伝わる紙面

18年5月21日 月曜日

きょう(21日)付の日本海新聞の紙面、「九条守れ」の本気度が伝わってきます。

5面の10段すべてを使って「憲法を考える」特集。安倍政権による9条改憲に反対する活動を繰り広げる「芸人9条の会」などの活動を紹介しています。

また、鳥取県九条の会事務局長の浜田章作さんへのインタビュー、今年の憲法記念日の5月3日に鳥取県内で開催された集会や市民講座を紹介しています。

米子市内での集会を紹介した記事では、大きな写真とともに、リレートークで私が発言した「安倍政権に改憲の資格なし」の言葉を、見出しで取り上げてくれてます。

大平喜信前衆院議員を迎えて集い

18年5月17日 木曜日

きのう(16日)午前、日本共産党と政治のことについて何でも語り合おうと、大平喜信前衆院議員を迎えてわが家で集いをしました。

大平さんと私が簡単にあいさつした後、参加した地元の住吉地区の党員や支持者のみなさんから質問や意見が出されました。

減らされる年金から介護保険料が取り立てられる、消費税に頼らなくても大丈夫か、共産党が候補者をおろしてまで野党共闘をするのはメリットがあるのか、北朝鮮に核兵器を廃棄させることができるのか―など、次々と意見が出され、大平さんが一つひとつ丁寧に、しかも熱を込めて解明し、みなさん「よく分かった!」。

最後に私から、1カ月後の市議選、共産党の議席を増やさせないというシフトが敷かれ、しかも霊感商法などで国民的批判を浴びた統一教会・勝共連合まで立候補しようとしている。絶対に負けられない、と共産党の3議席獲得を呼びかけました。

“危険空き家”の門塀が崩れた‼

18年5月14日 月曜日

以前から指摘してきた米子市の市街地にある危険空き家。12日(土)深夜から翌未明にかけて、門塀が崩れ落ち、瓦などが散乱して住宅前の市道を塞ぐ事態になった、と連絡がありました。

幸いに車の往来や人通りのない時間帯だったため、ことなきを得ましたが、場合によっては重大事故につながりかねない事態でした。

きょう(14日)午前、市役所に出かけて担当課に対応をただしましたが、通報を受けた市は、道路に散乱した瓦礫を日曜日のお昼前には敷地内に撤去。道路も通行できるようになった、とのことです。

所有権者が市内に居住せず、しかも孫の代にまでになっているといいます。住所までは把握でき、通知文は発送しているが、返事はなし。電話番号がわからないため直接話ができず、苦慮していると市の担当課では話しています。

所有権の問題もあり、簡単には手を出せない、とも。困った問題です。

小池晃書記局長を迎えての演説会

18年5月12日 土曜日

任期満了に伴い6月17日告示(24日投票)される米子市議会議員選挙(定数26)を前に、日本共産党書記局長の小池晃参院議員を迎えて演説会がきょう(12日)の午後、米子市公会堂で開催されました。

来春の県議選に向けて錦織陽子(米子市選出)、市谷知子(鳥取市選出)両県議があいさつした後、市議選予定候補の又野史朗、石橋佳枝、岡村英治の3人が決意表明しました。

小池書記局長は、モリカケ疑惑や「日報」改ざん、北朝鮮問題などにふれ、政権担当能力のない安倍政権に退場を迫ろうと訴え。

米子市議選での3議席獲得で、来春の統一地方選挙、夏の参院選での躍進につなげようと呼びかけました。