月間アーカイブ 18年11月

米子市長、違憲の発言を撤回へ

18年11月29日 木曜日

米子市長、追い詰められて違憲の発言を撤回する、との情報がきょう(29日)お昼前に入りました。

今月20日に市内で開かれた拉致問題シンポの閉会あいさつで、伊木隆司市長が拉致問題解決のための「安倍内閣の軍事行動、憲法改正を支持する」と発言し、軍事行動を容認し、市長の憲法擁護義務に反するとして全国から大きな批判が起こっていました。

お昼前の情報では、午後から記者会見し発言のこの部分を撤回する、と。この間、同市長はかたくなに“撤回”を拒んできましたが、世論におされた格好です。

その背景には、①発言のあった翌日に日本共産党が間髪を入れずに抗議と撤回の申し入れをして世論を喚起したこと、②自治労をはじめ幅広い諸団体が抗議の声をあげたこと、③27日の市議会全員協議会で市長の釈明に際し、「撤回」するよう6人の議員が追及したのに対し、市長発言を擁護する議員は皆無だったこと―などがあります。

ともかくも、全国を騒がせた米子市長のトンデモ発言、一段落というところですが、誤った情報を発信しこうした騒ぎを引き起こした市長の責任問題が残っています。

拉致問題シンポでの違憲発言 撤回せず

18年11月27日 火曜日

拉致問題解決のために「安倍内閣の軍事行動、憲法改正」を支持する、との伊木隆司・米子市長の発言をめぐって大きな批判が広がるなか、きょう(27日)午後開かれた市議会全員協議会の冒頭、市長が釈明しました。

しかし、市民に心配かけたことに対するお詫びは口にするものの、国民一丸となって政府を動かすという強い決意を示したもので他意はない、真意は拉致被害者の早期帰国を願う気持ちだ、との発言を繰り返すもの。

武力の威嚇や行使を禁じた憲法9条、公務員の憲法擁護義務を規定した99条に反している!と追及しても、「軍事行動、憲法改正」と表現したことを“撤回”するとは、ついに口にしませんでした。

全協では私や日本共産党の石橋佳枝、又野史朗の両議員をはじめ、他会派の議員も追及に立ちました。今後も議会内外で批判の声を強めていかねばなりません。

農民連の中国ブロック研究交流集会

18年11月26日 月曜日

きのう(25日)午後、「2018農民連中国ブロック研究交流集会 in 鳥取」が米子市内で開かれ、学習してきました。

きょう午後からの集会では、まず島根県益田市在住の藤山浩(ふじやま・こう)・一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所所長が「農村に人と仕事を取り戻す〜田園回帰の時代〜」と題し、パワーポイントを駆使して講演。全国的な田園回帰の動きあげ、農村での先進的な取り組みを紹介しました。

次に、農民連常任委員の湯川喜朗・農民連ふるさとネット事務局長が「国連『家族農業の10年』と農民連〜農業と農山漁村の再生の先頭に〜」をテーマに講演。食料自給率向上、農山漁村を再生・復権させる10年に向けた取り組み方針を示しました。

この後、参加した各県代表から取り組みが発表され、交流を深めました。

中腹まで雪をかぶった大山がクッキリ

18年11月24日 土曜日

小春日和となったきょう(24日)の米子。産廃学習会を終えて車を走らせてると、市内からも秀峰・大山(だいせん)の端正な姿がクッキリ。

いつもの米子港に立ち寄ってパチリ。中腹まで白くなった山容に、しばし見入りました。

地元自治会の祭りで餅つき

18年11月24日 土曜日

きょう(24日)は地元自治会の「旗ヶ崎三区東まつり」。子どもたちも大勢参加して、餅つきをしました。

つきたての餅はぜんざいときな粉でいただきま〜す。

みんなで食べた後はサロン会のお年寄りのみなさんがコーラスを披露し、最後は子どもたちもお楽しみのビンゴ大会で盛り上がりました。

市職員向けに「批判を上回る支持得ている」

18年11月23日 金曜日

きょう(23日)付の地元紙・山陰中央新報の山陰・社会面で、米子市長が“居直り”の文書を職員向けの電子掲示板に掲載している―と報道しています。

今月20日に市内で開かれた拉致問題解決のシンポジウムで、伊木隆司市長が閉会あいさつで、解決のために「安倍内閣が軍事行動あるいは憲法改正するのであれば、全面的に支持する」と発言。日本共産党米子市議団と錦織陽子県議(米子市選出)は翌日、拉致問題解決に逆行し、憲法・国連憲章に違反するとして発言の撤回を求める抗議の申し入れをしました。またこの記事では、自治労県本部や朝鮮総連県本部関係者などから批判の声が上がっていることを紹介しています。

こうした声に対し同市長は「批判を上回る支持を得ている」との文書を、職員向けの電子掲示板に掲載しているとのこと。このことは昨日、ある市幹部から私に対して「(発言報道を見て)ビックリしました」と発言内容に疑問の声が寄せられる事例がみられますが、こうした職員からの批判の声が広がるのを抑えつけようとするものです。

もし仮に「批判を上回る支持」があったとしても、憲法違反、国連憲章違反の発言は消せません。ただちに謝罪し、発言を撤回すべきです。このまま居直りを続けるなら、それは「米子のアベ」、です‼️

「安倍内閣の軍事行動」支持する米子市長発言は撤回を‼

18年11月21日 水曜日

昨日(20日)米子市内で開かれた、政府や鳥取県などが主催する拉致問題解決のシンポジウムの閉会あいさつで、伊木隆司米子市長が拉致問題解決のため「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的支持」とした発言を受け、きょう(21日)午前日本共産党県議団の錦織陽子県議、米子市議団の石橋佳枝、岡村英治、又野史朗の連名で、抗議と撤回の申し入れをしました。

朝鮮半島の非核化、平和の流れに目を閉ざした発言は、拉致問題の解決に逆行し武力による脅威、威嚇、行使を禁止した国連憲章違反で、憲法9条を踏みにじり安倍内閣が進める「海外で戦争する」国づくりを容認するもので、絶対に認められません。

市民の生命・財産を守る市長として、あまりにも不適格な発言だといわなければなりません。

対応した市総務部長に手渡した申し入れ文は以下のとおりです。

2018年11月21日

米子市長 伊木 隆司 様

日本共産党鳥取県議会議員 錦織 陽子

同米子市議会議員 石橋 佳枝

岡村 英治

又野 史朗

 

抗 議 文

 

新聞報道によると、きのう(20日)市内で開かれた拉致問題解決のためのシンポジウムの閉会挨拶で、伊木隆司市長が「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的に支持をして、この拉致被害の回復、主権の侵害の回復に、私たちは国民として全力で当たりたい」と述べたということです。

そして新聞記者の取材に対して「軍事行動せよと言っているのではない。時の政府が、軍事行動や、軍事行動ができるよう憲法改正をするというなら、問題解決のために私は支持したいと言った」と発言の趣旨を説明しています。

この間、南北朝鮮、米朝の首脳会談を通じて朝鮮半島の非核化、平和の流れが生まれ、それは全世界からの支持を得ていますが、そうした平和の流れに目を閉ざした発言です。

そして、軍事的対応では拉致問題の解決にならないことは明らかです。こうした発言は武力による脅威、威嚇、行使を禁止した国連憲章違反で、また多くの国民の願いに背き憲法9条を踏みにじり安倍内閣が進める「海外で戦争する」国づくりを容認するもので、認めるわけにはいきません。

伊木市長の発言に断固抗議し、撤回するよう求めるものです

伊木市長が「軍事行動」支持発言

18年11月20日 火曜日

「安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、全面的に支持したい」ー。時代に逆行する米子市長のとんでもない発言です。

朝日デジタルの記事によると、きょう(20日)市内で開かれた拉致問題解決のためのシンポジウムの閉会挨拶で、伊木隆司市長が「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的に支持をして、この拉致被害の回復、主権の侵害の回復に、私たちは国民として全力で当たりたい」と述べたということです。

そして朝日新聞の取材に対して「軍事行動せよと言っているのではない。時の政府が、軍事行動や、軍事行動ができるよう憲法改正をするというなら、問題解決のために私は支持したいと言った」と発言の趣旨を説明しています。

軍事では拉致問題の解決にならないことは明らかです。憲法9条を踏みにじる、世界の平和の流れに逆行する発言です。

伊木市長の発言に断固抗議します。

鳥取市議選で共産党 4議席に躍進

18年11月19日 月曜日

やりました‼

任期満了に伴う鳥取市議選(定数32)は、きのう18日投開票され、日本共産党の現職の伊藤いく子(得票1811)、岩永やす子(同1746)、新人の金田のぶすけ(同1635)、おぎの正己(同1093)―4候補そろって当選を果たしました。

現有3から4議席への躍進です。同市での共産党の4議席は初めてで、県内の自治体でも初となります。

これにより交渉会派となり、4つの常任委員会すべてに委員を送り出せ、代表質問ができるようになります。

市民の声を届け、市民目線で行政をチェックする力がグーンとアップします。

写真は、田村智子参院議員を迎えて開いた演説会で

大山も冬の装いに

18年11月15日 木曜日

中国地方の最高峰、郷土の秀峰・大山(だいせん、標高1709m)が白くなると、いよいよ山陰も冬模様だなと感じます。

きょう(15日)のお昼ごろ、雲が切れて雪をかぶった大山の姿が米子市内からも見えました。

日野川土手に出かけ、白いアーチ橋・日野橋の後景に大山を収めました。