月間アーカイブ 19年3月

福嶋氏の応援を受けて錦織候補訴え

19年3月31日 日曜日

鳥取県議選3日目のきょう(31日)午後、米子市区の日本共産党・錦織陽子候補は、住民目線で政治を変える会・山陰の福嶋浩彦共同代表の応援を受けて、雨中の訴えをしました。

福嶋氏は米子市出身で元千葉県我孫子市長、消費者庁長官を務めた方。福島第一原発事故で影響を受けた我孫子市の実例を紹介しながら、原発問題でもはっきりモノを言える錦織さんを再び議会に、と訴えました。

冷たい雨にもかかわらず、演説個所では党員や支持者らが駆けつけ、演説に聴き入っていました。

計3カ所で一緒に街頭から訴え。休憩のため選挙事務所に戻った二人は、必勝を誓ってガッチリと握手を交わしました。

県議は「錦織」、知事には「福住」と

19年3月30日 土曜日

きょう(30日)、鳥取県議選2日目です。

米子市区の日本共産党、錦織陽子県議は選挙事務所近くの公会堂前交差点で朝のスタンディング。土曜出勤のドライバーらにご挨拶をしました。

きょうから期日前投票が始まります。県議選は「錦織陽子」、県知事選は民主県政の会の「福住英行」と書いてご投票ください。

錦織候補が告示日に17カ所で街頭からの訴え

19年3月29日 金曜日

鳥取県議選が告示となりました。

米子市区の日本共産党、錦織陽子候補は4期目をめざして、駆けつけた支援者や地元の人たちを前に元気いっぱい第一声。声援を受けて遊説に出発しました。

午前中の第一声から夜の暗くなるまで、計17カ所で街頭から訴えました。

軒先で聞いていただいたり、ドライバーからの激励の手振りがあるなど、候補者カーへの反応も上々。錦織候補は県議会で他の野党と共同して意見書案を提案したことを報告し、野党共闘を前進させる錦織を再び議会に送って、と呼びかけました。

暮らしを守っての1票は錦織陽子に、産廃処分場・原発稼働ノーの願いを市民と野党の共闘を前進させる錦織陽子に託してください❗️

兵器爆買いで空中給油機を倍増配備

19年3月28日 木曜日

きのう(27日)、ひどい知らせが届きました。中国四国防衛局からです。

鳥取県西部に位置する航空自衛隊美保基地に、新型空中給油機KC-46Aの配備計画が進められていますが、現在(平成26ー30年度)の中期防衛力整備計画では3機配備する予定で、すでに2機を取得する経費が計上されています。

ところが届いたお知らせでは、31年度からの新中期防で、未達成1機分を含め計4機整備することに。都合、6機が同基地に配備されるということで、従来計画の倍増です。

導入時期は未定としていますが、米国製兵器の“爆買い”の結果、美保基地がいよいよ侵略補給基地の性格を強めることになります。

許せません‼️

キレッキレの田村参院議員の街頭演説

19年3月24日 日曜日

きょう(24日)お昼過ぎ、「民主県政の会」の街頭政談演説会が米子市文化ホール前でおこなわれ、会に加盟する日本共産党の田村智子副委員長(参院議員)がキレッキレの演説で聴衆を魅了しました。

田村氏は、沖縄・辺野古新基地、ビジネスとしても成り立たない原発、消費税10%増税などを俎上にあげ、安倍政権にノーの言える県知事、県議を誕生させよう、と訴え。1980年代、統一地方選挙で自民党を大敗させ売上税導入を断念させることができた。福住英行知事誕生、錦織陽子県議再選でくらし応援の鳥取県にしていこうと呼びかけました。

また、錦織県議は「県民の声に耳を傾けない知事を変えよう」、福住候補はイベント優先から県民の暮らし第一の県政に」と訴えました。

街頭演説の後、田村演説に元気をもらった参加者は市内の交差点でスタンディングをして、道行くドライバーに消費税増税ストップなどアピールしました。

夕方、福住候補が米子での第一声

19年3月21日 木曜日

きょう(21日)告示された鳥取県知事選、日本共産党などが加わる「民主県政の会」から立候補した福住英行候補、初日は鳥取市での第一声を皮切りに県内を東から西に疾走。夕方5時には米子市文化ホール前で訴えました。

中林よし子元衆院議員の「安倍政治を終わらせる選挙にしていこう」との応援を受けてアイクを握った福住候補、県政の主役は知事ではなく県民一人ひとり、と呼びかけます。

そして、子ども医療費完全無料化、産廃処分場計画の白紙撤回、消費税10%増税ストップ―と訴えました。

県政刷新へ福住氏が立候補

19年3月21日 木曜日

きょう(21日)、鳥取県知事選が告示されました。

現職で無所属の平井伸治氏(57)=自民、公明、立憲など推薦、3期=、新人で無所属の福住英行氏(43)=共産推薦=、新人で無所属の井上洋氏(70)(届出順)の3人が立候補届けを提出しました。

選挙戦は保守相乗りの現職対、共産、社民、新社会などの各党や市民団体、学者らで構成する「憲法をいかした、住民自治による民主県政をつくる会」から出馬した福住氏による事実上の一騎打ち。

福住氏は、原発ゼロ、産廃処分場ストップを掲げ、高すぎる国保料の引き下げを訴えてたたかっていきます。

選挙戦初日のきょうは、福住カーは県内を東西に駆け抜け、米子市内では夕方5時ごろ、米子駅前の文化ホール前で街頭から訴える予定です。

近所のスーパーがなくなる!

19年3月21日 木曜日

わが家から車で3分のところにあり、私も日ごろからよく買い物に出かけている地元スーパー・ユニサンが閉店する。きょう(21日)の新聞折り込みチラシで知りました。

米子市安倍の地に昭和52(1977)年に創業、以来市内や近隣の境港市などに店舗を構えていましたが、近年になって店舗を縮小。現在、安倍店と境港市渡店の2店となっています。

来月(4月)7日で閉店するとあり、きょうから感謝セール、閉店セールで1割引から半額セールを展開する、と。

地元スーパーの撤退、残念です。

後期高齢者医療の保険料(均等割)が2倍、3倍に

19年3月20日 水曜日

きょう(20日)の米子市議会予算決算委員会、いくつかの予算案に反対する討論に立ちました。

気の弱い私なんぞ、出来れば反対討論なんてしたくない❗️ でも、後期高齢者医療の保険料均等割の軽減特例が見直しされ、段階的に保険料が引き上げられて3年後には現行の2倍、3倍になるって言うんですから、反対の論を述べざるをえません‼️

保険料の均等割額が特例で現行9割軽減となっている(対象者4463人)のを、2019年度は8割軽減に、20年度からは7割軽減にすることで、保険料(年額)現行が4200円のところが20年度からは1万2700円と3倍強に。

現行8.5割軽減の場合(対象者4933人)、21年度から7割軽減になり、保険料が6300円から1万2700円へ2倍強と膨らみます。

後期高齢者医療では、医療費の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げようという動きもあり、まさに現代の「姥捨て山」となっています。

こんな後期高齢者医療制度、いったん廃止して元の老人保険制度に戻すべきです!

「姥捨て山」の後期高齢者医療人間ドック廃止

19年3月16日 土曜日

米子市の後期高齢者医療人間ドック事業、国からの補助金が打ち切られるため、廃止の方針を打ち出しましたが、さまざまな市民から継続を求める声が上がっています。

まさに現代の「姥捨て山」。75歳以上に健診は必要ないということか❗️ この問題を取り上げた市議会予算総括質問の様子を記した私のFBにも反響がありました。

毎年人間ドックを受診して健康チェックをしてきた市民や、医療関係者からも市の廃止方針に対して批判の声が上がっています。

市議会にはかることもせず、実際検診にあたる医療関係者にも説明もなく、今月初めの回覧で「初めて知った」と憤りを隠さない関係者。そうした声を市にぶつけて存続を求めていきましょう。