月間アーカイブ 19年9月

航空自衛隊美保基地の配備計画

19年9月27日 金曜日

きょう(27日)午後、米子市議会基地問題等調査特別委員会が開かれ、航空自衛隊美保基地の配備計画について市当局からの説明がありました。

空中給油・輸送機KC-46Aが6機配備される計画ですが、初号機は令和2年度(令和3年3月)に、2号機は翌年度に配備され、さらに5年度、6年度にそれぞれ2機ずつが配備される計画となっています。

また、これまで美保基地にあったT-400練習機(教育飛行隊)は静岡県浜松基地に移転する計画ですが、当初2年度の移動予定が3年度にずれ込むこととなったと報告されました。移転先の施設整備の遅れが原因ということです。

このことから、3年度に教育飛行隊が移動するまでの間、KC-46AとT-400とが同基地に“共存”する格好となり、運行業務が錯綜することによる安全面や、周辺環境への騒音被害などの増大が心配されます。

学校図書司書の待遇改善を‼

19年9月26日 木曜日

きのう(25日)の米子市議会民生教育委員会、学校図書司書の待遇改善を求める陳情が審議されました。

市内の公立小中学校すべてに非常勤の図書司書が配置されていますが、報酬は月額10万900円、昇給なしで、20年以上雇用されている方でも新人で司書資格を持ってない職員と同額です。

さらに夏休み中の1カ月間はまるまる報酬が支給されず、結局11カ月分の報酬(別途に年1.8月の期末手当)で1年の生活をやりくりしなければいけないのが実態です。

こうしたことから辞めざるを得なくなる人も多く、市として職員確保のため司書資格を持たない人も募集せざるを得なくなっています。

子どもたちの知的関心にこたえる図書司書の待遇、抜本的に改善しなければなりません。

陳情は委員会では残念ながら不採択となりました。

保育の副食費助成が予算化されたけど…

19年9月25日 水曜日

消費増税を当て込んだ幼児教育・保育無償化が、今年10月からスタートします。この制度の開始に伴って副食費の負担が新たに生じる園児が出てきます。

米子市は国の基準に該当しない、上の子が小学校以上であっても第3子以降の全ての園児(保育園に通っている3番目の園児が第3子というのが国基準)の保育料を無償にしていました。この該当者について新たな負担となる副食費に対して、園児1人につき月に4500円の助成する方針。助成費用を盛り込んだ予算案が、きょう(25日)の市議会民生教育委員会で審議されました。

対象は公立(市立)保育園児が108人、私立(福祉会立)が239人、認定こども園が103人ーの計450人です。

市立園は副食費を4500円と設定していますが、福祉会は5000円(プラス土曜日登園日数×250円)。福祉会に通う該当園児は4500円の助成を受けたとしても、月に差し引き500円以上の負担増となるわけです。

この助成は今年度限りの激変緩和措置、と市はしており、ややこしい制度ともあわせ、何か釈然としませんね。

ふれあいの里の風呂 10月末まで休止

19年9月21日 土曜日

きょう(21日)付の地元・山陰中央新報の記事です。米子市錦町1丁目の市福祉保健総合センター・ふれあいの里4階にある入浴施設が、来月(10月)末まで利用休止になっている、と。

定期水質検査で、男子浴場から基準値の7倍のレジオネラ菌が検出され、今月7日から利用休止となっていました。

今月17日に私が市民から通報を受け、翌日担当部署に問い合わせした段階では、近日中にも再開される見通しだということでしたが、再検査でも2倍の値が出たため、休止期間を延長することを昨日(20日)決めたものです。

キチンとした衛生管理をして、早く再開されることを望みます。

福島原発事故被災地視察報告書(8月24日~26日)

19年9月21日 土曜日

8月24-26日の3日間、日本共産党米子市議団の石橋佳枝、岡村英治、又野史朗の3議員、境港市議団の長尾達也、安田共子両議員、そして日南町の岡本健三議員ーの6議員で、福島第一原発事故の被災地を視察しました。その報告書をまとめましたので、ご覧ください。

視察に際しては、現地の事故訴訟原告団、農民連、共産党県議団など関係するみなさんに大変お世話になりました。あらためてお礼申し上げます。

目標値もってがん検診受診率向上を

19年9月18日 水曜日

きょう(18日)は朝から、私が属している予算決算委員会民生教育分科会での決算審査。所管する市民生活、福祉保健、教育委員会ーの3部署の平成30年度の事業について審議しました。

私は、県単位化となった国保会計の変化、後期高齢者人間ドック事業、就学援助事業など取り上げましたが、中でも力を入れたのはがん検診受診率の向上対策。

がん死亡率の減少、がんの医療費の削減には、早期発見・早期治療が欠かせません。そのためがん検診の受診率向上が重要です。

ところが米子市の胃がん(受診率27.5%)や肺がん(20.8%)、乳がん(14.3%)など各種がん検診受診率はここ数年低迷し、全国的に見ても低い水準にとどまっています。

この受診率の抜本的な向上を図るためには、単に啓発活動をすればいい、では済まされません。厚労省も「受診率向上施策ハンドブック」で提起していますが、「検診を受けなければ」と思わせるような案内によって、▽対象者の網羅的な名簿管理に基づく個別受診勧奨・再勧奨、▽かかりつけ医や薬局の薬剤師を通じた受診勧奨ーなどの取り組みが求められます。

また取り組みにあたっては、遠い目標の「50%」を掲げるだけでなく、現実から出発した受診率の目標値を毎年度設定して、それに向けた努力が必要!ーこのことを強調しておきました。

浜矩子さんの「小さき者の幸せが守られる経済へ」

19年9月15日 日曜日

きのう(14日)、注文していた浜矩子さんの近著「小さき者の幸せが守られる経済へ」(新日本出版社、1500円)が届きました。

何と言っても表紙がいいですね。タイトルにピッタリです。

そして「はじめに」で書いていますが、経済活動は人間の営み、だから人間を幸せに出来なければ、その名に値しない。人間たちの中で、その幸せが最も危ういのはどのような者たちか、それが、小さき者たちーと。

私の政治家としての原点に通じる考えです。これから読んでみます。

安倍「害交」の影響が地元にも

19年9月13日 金曜日

今朝(13日)の地元・日本海新聞の見出しをみて驚きました。そして、ついに…と。

米子空港と韓国の仁川空港を結ぶ定期便は、韓国の格安航空会社(LCC)のエアソウルが週6便就航させています。

日韓関係の悪化で利用者の7、8割を占める韓国人客が激減したため来月(10月)から運休とするもので、同社は、両国間の関係が修復され、需要回復の見通しが立てば再開する可能性も示唆した、と記事にはあります。

政権支持浮揚のための「韓国叩き」の影響が、とうとう身近なとことにも出てきた格好です。

安倍無策「害交」は、早く終わらせねばなりません。

市長は市有地を産廃に使わせるな‼

19年9月11日 水曜日

きょう(11日)の昼休憩中、米子市役所前で産廃処分場用地として市有地提供を容認した市長に対する抗議集会がありました。

多くの市民が参加し、「米子の水を守れ」「子どもたちに豊かな自然環境を」など手作りのプラカードを掲げ、8月30日に産廃建設の事業主体である鳥取県環境管理事業センターに土地を提供することを、形だけの条件をつけて容認した市長の姿勢を批判。

拙速な判断はしないと市議会全員協議会で答えながら、結局は8月中の回答を求める県の言いなりに回答した市長は許せません。

「市長は市有地を提供するな!」、「市長は市民の声を聞け!」と声を張り上げました。

今からでも消費税10%増税中止を‼

19年9月9日 月曜日

10月からの消費税10%増税は中止を❗️ 日本共産党の宣伝、シール投票を土曜日の7日午前、米子駅前のショッピングセンター前でしました。

ハンドマイクで前県議の錦織陽子さん、米子市議の岡村英治、石橋佳枝さんが暮らしも経済も壊す消費増税は許せない、と訴え。道行く市民に投票を呼びかけました。

それにしても、午前中からこの暑さ、グッタリです。