Archive for 11月 10th, 2021

米子駅南北自由通路 事業費が13億も高騰

21年11月10日 水曜日
きょう(10日)付の地元紙に載ってた記事です。米子市が2015(平成27)年度から事業を進めているJR米子駅南北自由通路等整備事業の事業費が、当初の63億円から13億円膨らみ76億6千万円になる見通しだ、と。また工法の変更に伴って、供用開始予定が当初予定の来年(2022年)4月から同年8月以降にずれ込むことになりそうです。
増額の要因は原油や資材費の高騰、軟弱地盤のため建物の基礎部分を固めるくい打ち工法の変更、そしてJRへの補償費ーなどとしています。
なかでも増額分13億円のうちの6割強を占める8億円の補償費は、新聞記事によると「新型コロナで経営が厳しい現状を踏まえ、減耗分を控除しない方針とした」との理由によるもの。
このような方針がいつ、どの段階で決定したのか、不明です。コロナ禍での市民や業者の苦境を思えば、JR西日本に対しての思いやりは度が過ぎたものです。ここはいったん事業をストップして、市民ぐるみで事業のあり方を見直すときではないでしょうか。
この件については、今月16日(火)午後1時から開催の市議会都市経済委員会で報告・質疑がおこなわれる予定です。ぜひ議会傍聴にお出かけください。