安倍の暴走ストップ! この世論を高めよう‼

TOP 

きょう(15日)、「国家の暴走」(古賀茂明著、角川oneテーマ21)を買い求め、読み始めました。著者の古賀氏はかつて中央官僚として「国家公務員改革」などを推進した身。2011年4月には東電の破綻処理を提起しましたが、同年9月に退職勧奨を受けて辞職、とあります。

同書の序章で、集団的自衛権行使容認が強行されたことを受けて、「戦場に送られるのは、いつも、若者である。『集団的自衛権行使による日本人戦死者第1号、日本人殺人者第1号』が出ないうちに、なんとかこの暴走を止めなければならない。」と記してあります。アベノミクスや雇用政策についても批判の矢を放っています。

日本共産党は、集団的自衛権でも、消費税増税でも、原発再稼働でも「安倍政権の暴走」を厳しく批判し、打倒することを呼びかけています。そういった立場から読み進めていきたいと思います。

Share Button

コメントご記入欄