ドキュメントDVD「八鹿高校事件」

TOP 

きょう(5日)夕方帰宅したら、fb仲間の姫路の岸本さんから注文していた記録映画DVD「八鹿高校事件」が届いていました。 この記録は、40年前の1974年11月22日、兵庫県立八鹿高校70数名の教師が、部落解放同盟を名乗る数百人の集団に襲撃され、10数時間にわたって凄惨なリンチを加えられるという事件が発生。その真実と、暴力に抗して立ち上がった人々の闘いを伝えるドキュメントとなっています。

DVD化したのは、兵庫人権問題研究所(☎︎078ー531ー3660)です。関心ある方はお問い合わせください

Share Button

3 通のコメント “ドキュメントDVD「八鹿高校事件」”

  1. Comment by N:

    もうすでに40年になるのですね。
    学生時代、暴力学生と命がけで闘った記憶と重なります。
    どれだけの友人の犠牲が・・・
    八鹿での、先生とそして生徒たち 立ち上がった生徒、それを引き継ぐ子供たちを育てなければ・・・!

  2. Comment by 岡村英治:

    Nさん、コメントありがとうございます。fbやブログにこの書き込みをしたところ、多くの方から反響を寄せていただきました。DVDを注文したいという方も含め、40年前のあの無法に毅然として立ち上がった共産党への共感が寄せられたものだと感じました。

  3. Comment by 関東人:

    たまたまyoutubeを見ていたところ、八鹿高校事件を知りました。
    自分は共産党の支持者ではないですが、丸尾の残虐無道な行為にかなり腹が立ちました。どんな事情があるにせよ暴力を持って相手を打ち負かすべきではない。生徒がそれを示した。二度と起こってはならない事件と思います。ただ、主犯の丸尾は事件後何故執行猶予が付いたのか?なぜ朝来市地域自治協議会長なる公の職につく事ができたのか?これも脅迫によって得たものなのか?疑問に残りました。
    本来なら無期懲役以上であるべきと思います。

コメントご記入欄