緊迫した状況だからこそ、本意が伝わるようにしないとね‼

TOP 

総選挙を前にしてピリピリした状況の中だからこそ、取材を受ける際には懇切丁寧に相手に分かってもらうことが必要なんですね。

きょう(27日)付の この記事を書いた記者に対し私は、短期決戦の総選挙で候補者カーは米子や境港を中心に回さざるを得ない。鳥取1区から2区に配置換えになった湯梨浜町に候補者がたびたび足を運ぶことはできず、足りない分は地元の党町議や党支部・後援会に依拠して、つながりを生かして支持を広げてもらう―と話したつもりなんですが…。

少なくとも「町議や党員に任せる」と、あたかも放り投げたかに受け取れる言い方はしてないんですけどね〜! 取材を受ける際にもレコーダーは必須、ですね。

Share Button

コメントご記入欄