大型ヘリ導入に向けた住民説明会

TOP 

22日夜、米子市崎津にある場外馬券売り場・ウインズを会場に、航空自衛隊美保基地に配備が予定されている陸自大型輸送ヘリコプターCHー47の騒音測定結果の説明会が基地周辺住民を対象におこなわれ、参加してきました。
大型ヘリは、大規模災害時の対応にと地元自治体が導入を要請してきたことを口実に、防衛省が同基地に配備を計画。先月末に試験飛行がおこなわれ、その際の騒音測定結果が明らかにされました。測定地点の一つ、崎津公民館では最大値が90.2dBとなるなど、かなりのうるささになります。
参加者からは▽夜間も訓練があるのか▽騒音だけでなく低周波の影響も検討を▽騒音測定地点を増やしてほしいーなどの意見や質問が出されていました。
明日は市議会基地問題特別委員会での説明があります。

Share Button

コメントご記入欄