日本共産党が島根原発の廃炉を申し入れ

TOP 

日本共産党鳥取県西部地区委員会(福住英行委員長)はきょう(30日)、中国電力に対して島根原発の全基廃炉を求める申し入れをしました。中電は運転開始40年経過し老朽化した1号機の廃止を先ごろ発表しましたが、2号機の再稼働、3号機の新規稼働を狙っています。
米子営業所で行われた申し入れには、福住地区委員長のほか県知事選を戦っている岩永なおゆき県書記長、錦織陽子県議らが参加。▽原発周辺の活断層の徹底した調査▽停止した原発・使用済み核燃料の安全確▽再生可能エネルギーの本腰を入れた普及と開発ーなどについても申し入れ。「安全な原発などない」「原発は建設から廃炉まで考えるとCO2の排出が少ないとは言えない」など意見を述べました。

Share Button

コメントご記入欄