マイナンバー制度、中止・撤回しかない‼

TOP 

きょう(23日)の米子市議会予算委員会で総括質問に立ちました。持ち時間は10分。マイナンバー制度導入に向けた予算に関連して、住民の不安や批判の声を取り上げました。
125万件もの年金情報の流出事件が明るみに出て、さまざまな個人情報が一元化されるマイナンバーへの不安の声は高まっています。また、個人番号カードには名前、住所、生年月日のほか性別の記載も義務付けられており、性同一性障害の方など戸籍上の性がわかってしまうことへの不安を抱えているケースもあります。

そして、すべての事業所で従業員や家族の番号を集約・管理するシステム作りが求められ、中小業者の大きな負担となりますし、情報の漏えいによる罰則も懸念されます。
こうした問題点を抱えたまま、今年10月に「通知カード」の発送、来年1月から個人番号カードの配布が進められようとしています。家庭の印鑑に例えると、実印、銀行印、認印ーなどと分けて使ってリスク分散を図っているのを、実印に一本化しようというもの。こんな危険な制度は中止・撤回すべきです❗️

Share Button

コメントご記入欄