冬季加算減額、寒い冬に堪えろというのか‼

TOP 

生活保護世帯の「命綱」、冬季加算が国の悪政で今月から削られています。北海道などの寒冷地以外、11月から翌年の3月まで暖房などの光熱費がかさむための加算措置ですが、年間30億円の減額になるといいます。その影響を米子市ではどう受けるのか、調べてみました。

1人世帯で月額4540円(前年度5020円)に480円、2人世帯で6450円((同6520円)に70円、3人世帯で7330円(同7770円)に440円―のそれぞれ減額になります。
市内で受給している約1650世帯のうち、9割以上が3人世帯以下ということですが、とりわけ多い一人暮らしのお年寄りにとって、寒い冬を余儀なくされてしまいます。
福祉に冷たい政治です。

Share Button

コメントご記入欄