美保基地へ申し入れ

TOP 

美保基地の担当者に申し入れする参加者 5月25日(日)に「航空祭」を予定している航空自衛隊美保基地(野口盛隆司令)にたいし28日、憲法改悪反対西部地区共同センターなど民主団体がイラクからの即時撤退、「基地開庁50周年記念事業」の中止などを求めて申し入れをした。

 同基地では小牧基地からC130輸送機が飛来し、タッチアンドゴーや物資投下訓練などを行い、また03年からはパイロットなど約60人がイラクに派遣され、今月出発した15次隊にも2名が参加している、という。

 来月25日の航空祭を中心とした開庁50周年事業は、例年家族連れなどで賑わっているが、子どもたちの武器や軍用機などに対する感覚をゆがめる行為であり、平和憲法にそぐわない事業になっており、毎年抗議の申し入れをしている。

 この日の申し入れには10人が参加。共産党の岩永なおゆき比例候補も「名古屋高裁で判決が確定した航空自衛隊のイラク派遣はやめるべきだ」と強調。参加者らは「滑走路が延長されようとしているが、米軍との共同使用、基地強化につながるものだ」「自衛隊機に鬼太郎シールを貼り付けることは、平和を教えるべき子どもたちに自衛隊への興味を呼ぼうとするもので許されない」など、次々と抗議の申し入れをした。

Share Button

コメントが1通 “美保基地へ申し入れ”

  1. Comment by 岩永尚之:

    早い!
    アップが早かったですねえ。
    写真また使わせてもらいます。
    今日は、ごくろうさまでした。

コメントご記入欄