給食費の値上げ

TOP 

 30日、米子市学校給食運営委員会が開かれ、小学校の給食費を1食あたり4円引き上げて266円にすることを決定した。値上げは2004年度(平成16年度)に257円から262円になって以来4年ぶり。

 説明によると、給食用パンが1食あたり4円50銭、米飯が55銭、牛乳1本が1円70銭―とそれぞれ売り渡し価格が値上げとなった、という。米価がこれだけ低迷しているのに、給食用の売り渡し価格がなぜ引きあがるんだろう、という感じ。児童一人当たり年間(190食)に760円の負担増となる。

 また、この日の委員会では先般、給食調理員の家族からロタウィルスが検出され、初日はパンと牛乳、ジャムだけの提供に切り替え、2日目は弁当持参という措置をとったことが報告された。さらにこれに関連して学校給食課長から、「家族から菌が検出されたということだけで給食提供を停止することについて、見直しも含めて検討を」と、教育長から指示があったことを報告。委員からは「家族から菌が検出されたということは、本人も感染している可能性があるということ。調理員の感染がないことが確認されるまでの間は停止するという従来の措置でいいのではないか」という意見が出された。私もそう思う。

Share Button

コメントご記入欄