米子の街の発展の足跡たどる写真展

TOP 

米子市中町の市立山陰歴史館で「写真が語る米子の歩み」展が開かれており、きょう(31日)の午前観賞してきました。
旧淀江町との合併10周年を迎えて、米子市は明治から昭和にかけて写され、歴史館や県立公文書館、個人が所蔵している写真を集めた写真集を発刊。写真集には市内の建造物や、明治時代に写された城山から見下ろしたまち並みなど88カ所が、現在の風景とともに収められています。
歴史館で開かれている写真展は、写真集に掲載したものなど約300点が展示されていて、米子の街の発展の足跡をたどることができます。
観覧料は300円。同展は3月27日までで、火曜日は休館となっています。
また写真集は変形A4判、100ページ。800円で、歴史館と市文化課で販売しています。

Share Button

コメントご記入欄