比例は共産党、選挙区は福島

TOP 

きょう(25日)夜、鳥取県中部で日本共産党と後援会の代表者会議が開かれ、3カ月後に迫った参院選比例での共産党の躍進、選挙区での野党統一候補の福島浩彦氏の当選めざす奮闘を決意し合いました。
きょう県内で活動する比例候補として記者発表されたばかりの岡田正和氏(34歳)・前民青同盟県委員長が集会では初めてとなるあいさつ。戦争法廃止、青年の要求実現に頑張ると決意を述べました。
また、党内の集会では初めて福島氏も登壇し、「安倍政治を止めるために参院選に挑戦する」と初の国政選挙に臨む意気込みを語りました。
この日の会議には、福島氏推薦してともに戦う県内の民主、社民、新社会の各党から連帯のメッセージが寄せられました。

Share Button

コメントご記入欄