貧困の連鎖をどう断ち切るか

TOP 

きょう(15日)午後、米子市の本の学校で子どもの人権広場(安田寿朗世話人代表)主催の第21回総会記念シンポジウムが開かれ、NPO法人さいたまユースサポートネットの青砥恭代表理事が「経済苦と子どもの今〜憲法26条を力にして〜」と題して講演しました。
青砥氏は若者の居場所づくり、子どもたちの学習支援などの取り組みを紹介しながら、公教育を補う地域社会を応援していくシステムの必要性を強調しました。
貧困の連鎖を断ち切るため、子どもや若者にどう接すればいいのか、学校や行政、地域は何をすればいいのか、考えさせられました。

Share Button

コメントご記入欄