核燃料サイクル前提の島根原発1号機廃止

TOP 

きょう(20日)は午後から島根県松江市で開かれた島根県原発周辺環境安全対策協議会(会長・溝口知事)を傍聴。島根原発1号機の廃炉計画についての中電からの説明に耳を傾けました。
夕方、米子に帰って6時からの「原発ゼロ」金曜日行動に参加。米子市文化ホール前から中電前のポケットパークまでデモ行進し、同パークでハンドマイクで訴え。
「1号機の廃炉は世論の一定の成果。しかし、中電の廃炉計画は国が進めているプルトニウム循環方式(核燃料サイクル)を前提にした青森県六ヶ所村の再処理工場への使用済み核燃料の搬入をしようとするもので、これを認めるわけにはいきません!」と、未開発技術を拡散させることへ警鐘を鳴らしました。

Share Button

コメントご記入欄