市立図書館に「古典・新作 落語事典」

TOP 

米子市立図書館から「リクエストされてた本が入りました」と連絡があり、きょう(24日)、さっそく借りてきました。瀧口雅仁著「古典・新作 落語事典」(丸善出版、4800円)。
古典落語と呼ばれる江戸・東京落語のほか、すでに古典化されているものも含めた新作落語、計700編を掲載。落語のあらすじとその解説が収録されています。
最近CDで聞いた「たらちね」や「うんつく(長者番付)」などもしっかりと載ってます。
志ん生とか圓生といったその噺を演じる演者の名前も掲載されており、興味深く目を通すことができます。
落語好きの方なら、手元に置いておきたい一冊でしょうね。

Share Button

コメントご記入欄