現有3議席確保めざす南部町議選

TOP 

きょう(24日)は午後から、10月11日告示(16日投票)で戦われる、米子市南郊に隣接する南部町議選の支援の打ち合わせに出かけてきました。
同町議選は定数14に対し、現職、元職、新人合わせて15人が出馬を予定しており、1名オーバー。いずれも有力候補ぞろいで激戦が予想されています。
日本共産党からは現職の真壁容子(7期)、亀尾共三(6期)、新人の加藤学の3氏が現有3議席確保をめざします。
道中、法勝寺川土手の彼岸花が真っ赤な花を咲かせてました。

Share Button

コメントご記入欄