雨の中、大平衆院議員が米子で訴え

TOP 

日本共産党の大平喜信衆院議員がきょう(11日)午後、米子市内2カ所で街頭国会報告をして党への支援を訴えました。
大平氏はJR米子駅前イオン前では雨の中、臨時国会でTPP、年金カット、そしてカジノーと悪法を連発する自民、公明、維新の暴走を厳しく批判。総選挙での市民と野党の共闘をさらに発展させ小選挙区での勝利、比例での共産党の躍進で悪政推進勢力を少数派に追い込もう、と呼びかけました。
 報告会の司会は、衆院鳥取2区の予定候補・福住英行鳥取県西部地区委員長でした。
雨の中、報告会にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

Share Button

コメントご記入欄