空中給油機配備、拙速な判断するな‼

TOP 

きょう(31日)午後、地元にある航空自衛隊美保基地に新型空中給油機が配備されようとしている問題で、「空中給油機STOP! 市民の会」が米子市長に対し、配備回答を急がず十分な市民的論議を尽くすよう求めました。
申し入れには会の共同代表の高山壽雄元鳥取大教授、浜田章作元鳥取短大助教授ら10人が参加。企画部の白石久巳部長に申し入れ書を手渡し。
参加者は、住民自治の原点である住民自治からして、配備が妥当かどうかの判断には市民一人ひとりの意見が反映されるべき、全市民的な説明会を開催し、市長は拙速な回答をすべきでない―などと意見を述べました。

Share Button

コメントご記入欄