野党と市民の共闘、共産党の躍進へ「つどい」

TOP 

野党と市民の共闘の前進と日本共産党の躍進を勝ちとろうと、きょう(18日)午前、米子市錦町のふれあいの里で「新春のつどい」(党市委員会・後援会主催)が開かれました。
衆院比例中国ブロック予定候補の垣内京美さん、鳥取2区の福住英行さんがアベ暴走政治ストップと決意を込めてあいさつ。大平喜信衆院議員(中国ブロック)からはビデオレターが寄せられ、中国ブロックから2議席をと呼びかけました。
また、昨年の参院選で野党統一候補として奮闘した住民目線で政治を変える会・山陰の共同代表、福島浩彦さんが来賓挨拶し、安倍の国家目線の政治から住民自治を大切にした政治への転換を訴えました。
今年のつどいには、社民党の松本煕・境港市議が来賓挨拶したのをはじめ、民進党、新社会党からもメッセージが寄せられました。
 後半には、各後援会の出し物が披露され、和やかな雰囲気につつまれました。

Share Button

コメントご記入欄