美保基地への米軍機飛来 許せません‼

TOP 

地元にある航空自衛隊美保基地に新型輸送機C-2が3機配備されることになり、今月30日に記念式典が行われます。その式典に出席する米軍関係者が乗った米軍機が同基地に飛来するという情報が先週入り、きょう(27日)午前、日本共産党として同基地に申し入れをしました。
安保法制=戦争法によって米軍と自衛隊との一体化がますます加速することが懸念されています。米軍関係者を乗せた米軍機の飛来は、日米の軍事一体化と米軍機飛来の既成事実化をねらったものであり、許せません。
申し入れには共産党西部地区委員会の錦織陽子副委員長(県議)や福住英行さん、米子と境港両市議・予定候補が参加しました。

申し入れ文は以下のとおりです。

2017年 3月27日

航空自衛隊美保基地

基地司令 北村 崝二 様

日本共産党鳥取県西部地区委員会

委員長 平井 一隆

 

申し入れ――米軍機の美保基地飛来は許せません

 

この度、米軍関係者を乗せた米軍機C-12J連絡機が、C-2輸送機配備記念式典参加のため航空自衛隊美保基地に飛来するとの発表は、驚きを禁じ得ず、到底認めるわけにはいきません。

新型輸送機C-2は、従来のC-1と比べて航続距離や積載量などの性能が格段と強化され、「自衛隊の海外派兵能力が大幅に向上」と評されています。「地元の基地から海外派兵部隊を送り込むことにならないか?」と、多くの住民が不安のまなざしでC-2配備を注視しています。

また、安保法制=戦争法によって、憲法9条を踏み破った自衛隊の海外での武力行使―「海外で戦争する国」づくりを許していいのかが、大きく問われているとき、C-2に続いて大型ヘリCH-47J、新型空中給油機KC-46Aの配備まで計画されています。美保基地が、極東の一大軍事基地にされ、基地機能が大きく変質することに強い疑念を持ちます。

C-2配備式典に参加する米軍関係者を乗せた米軍機が飛来することは、米軍機飛来の既成事実化を図り、日米の軍事一体化と美保基地の海外派兵の拠点基地化に一歩足を踏み出すことにならないか?という住民の不安を増幅させるものであり、断じて許せません。

今月30日に予定されている米軍機C-12J連絡機の美保基地飛来は絶対に許せません。強く申し入れるものです。

 

以上

Share Button

コメントご記入欄