米子市美術館で「山下清展」

TOP 

きょう(4日)午後、米子市美術館で開かれている「放浪の天才画家 山下清展」に出かけてきました。
山下清の少年期から放浪期、円熟期まで貼絵やペン画、水彩画、最後の大作といわれる「東海道五十三次」の版画など計133作品が展示されています。気に入った1963年に制作した「スイスの町」の絵葉書を買いました。
山下清が1922年の生まれで、日本共産党創立の年と同じ、また亡くなったのが1971年ということで私の大学入学の年、これは関係ないか(≧∇≦)
同展は6月4日まで開かれてます。

Share Button

コメントご記入欄