「水源地上流」に処分場つくっていいの‼

TOP 

きょう(28日)、わたしの米子市議会6月定例会の一般質問が終わりました。
産廃処分場の問題。写真の(2)飲用水源地、もしくは飲用水源地に隣接して直上流に位置しない土地―とあるのは、いま米子市淀江町に管理型最終処分場を建設しようとしている当事者=鳥取県環境管理事業センターが、14年前の平成15年7月16日付で県内市町村長あてに発した処分場候補地の選定依頼文の中で、周辺状況についての要件としたものです。
ところが実際には、処分場計画地の下流部に米子市水道局の福井水源地があり、地質学者からも汚染水が地下に漏れたら影響が否定できないと指摘されています。
大山の伏流水を汲み上げて、「おいしい」と評判の米子の水です。それを台無しにしかねない処分場建設です。
そんな場所に建設しようとするなんて、かつて事業センター自らが定めた要件をも踏みにじるもので、全く道理がありません。このことを強く主張しました。

Share Button

コメントご記入欄