プラネタリウムは児童文化センターにあってこそ‼

TOP 

米子市の伊木市長は、JR米子駅南北自由通路事業を推進していますが、その一環で老朽化した駅ビルを建て替えることにしています。
その駅ビルの中に鳥取県や市の行政スペースが入る計画となっていますが、市長は私案として「プラネタリウム」を入れたいと提案し、議会でのきょう(28日)の一般質問の答弁でもその考えを述べています。
現在米子市には、湊山公園にある児童文化センター内にプラネタリウムがありますが、老朽化のため大規模改修するかどうか市民的論議となっていました。
それを、県知事が盛んに言っている「星取県」構想に合致し、駅周辺の賑わい創出につながるーと、プラネタリウムを駅ビルに持ってくるという私案を提示したというものです。
でも、なんだかなぁ〜、という感じです。公園内の児童施設に併設され、親子で“観星”を楽しめるのが大きな魅力の現施設。それがザワザワした駅周辺にあって星を通したロマンが実感できるのだろうか、最近「人はなぜ星を見上げるのか」を読んだばかりの私としては、こだわってしまうのです。

Share Button

コメントご記入欄