C-2の滑走路逸脱事故で議会説明

TOP 

きのう(29日)の米子市議会全員協議会のようすを報告します。
まずは今月9日に航空自衛隊美保基地(米子空港と共用)で発生した、今年3月に配備されたばかりのC-2輸送機の滑走路からの逸脱事故。北村基地司令らが「事案」概要と安全対策について説明しました。
私は、民航機3便が欠航、2便に遅れが出るなど多大な影響があり、これは「事故」。「事案」と表現するのは受け止めが弱いのではないか!と質問。基地司令は「事故相当と受け止めている」と重大性を認めました。
また、機体の強度不足などで配備が遅れ、平成28年度内配備を急ぐあまり安全体制の整備に課題を残したまま配備が強行されたのではないか。人為ミスをカバーする装置・機器の取り付けが必要ではないかーとただしました。
これに対し、他の議員の質問とあわせ、基地司令はシステムの改修の検討に言及しました。

Share Button

コメントご記入欄