中学生に「銃剣道」、とんでもない‼

TOP 

きょう(5日)の「しんぶん赤旗」社会面記事。
銃剣道を文科省は新学習指導要領で、「保健体育」の武道での選択種目にあげました。中学生に“軍事教練”をさせようとでも言うのでしょうか?
記事では、日本共産党の宮本徹衆院議員の調査に対する防衛省の回答として、銃剣道の訓練中に死亡し、公務上の災害として認定された自衛隊員が2人いる。また、昨年1年間だけで、隊員が同訓練で負傷し、公務上の災害と認定された件数は59件もある、と。
この記事のコピーを持って米子市教育委員会に出かけ、中学校での「武道」の状況について懇談しました。
記事の見出しが言うように「喉・胸突く危険な技、中学で教えてならない❗️」ですよね。

Share Button

コメントご記入欄